女子高校生にみだらな行為をし撮影したとして、島根県警松江署は12日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑などで、私立開星高校(松江市)教諭河合宣和容疑者(33)を再逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 再逮捕容疑は昨年2月10日、松江市のホテルで、当時16歳の女子高校生に対し、18歳未満と知りながらみだらな行為をしてビデオを撮影し、児童ポルノに当たるDVDを製造した疑い。
 河合容疑者は先月22日、同校体育館の女子トイレに侵入したとして逮捕され、建造物侵入と軽犯罪法違反の罪で12日に起訴された。 

【関連ニュース】
東京消防庁消防士を逮捕=夜行バスで強制わいせつ
銃剣持ち出し倉庫で保管=わいせつ行為で逮捕の自衛官
小6にわいせつ容疑、消防士逮捕=「たくさんやった」被害届10件超
4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間
児童買春容疑で巡査部長を逮捕=14歳中学生にみだらな行為

殺人の時効廃止、刑訴法改正案が参院委で可決(読売新聞)
山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲(産経新聞)
<寒暖の差>原因は平年より強めの寒気と暖気のせめぎ合い(毎日新聞)
男児十数人に性的虐待 養護施設の男性指導員(産経新聞)
JR福知山線事故、運転士遺族が労災申請(読売新聞)