環境省は7日、新潟県佐渡島に巣を作り、産卵した可能性が高いとみられていた放鳥トキのペアの巣に卵が1個あることを確認した。同省によると、一度卵を抱くのをやめたペアで、卵の目視確認は2ペア目という。
 7日午前8時15分ごろ、巣から約300メートル離れた地点から同省職員が目視で確認した。
 同省によると、このペアは昨年秋に放鳥された4歳の雄と2歳の雌。産卵したとみられる巣から4月12日に離れ、卵を温めなくなったが、同25日ごろ、別の場所で営巣を開始。同30日以降、産卵時の特徴である雄と雌が交代して巣に座り込む姿が確認されていた。 

【関連ニュース】
放鳥トキ、再び産卵か=新たなペアも確認
放鳥トキ、最後の卵捨てる=別のペアに繁殖の期待も
「連携不足で被害拡大」=トキ襲撃で報告書案
放鳥トキ、また卵捨てる=ふ化の可能性は残る
日本館初公開、評価いまひとつ=上海万博、開幕まで1週間

石原知事、漫画規制条例の条文修正を指示(産経新聞)
物置に女性遺体、遺棄容疑で前夫を逮捕(読売新聞)
新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)
人さし指以外で指紋変造テープ、審査盲点突く(読売新聞)
<普天間移設>月内決着見送り…官房長官が示唆(毎日新聞)