岩手県八幡平市中ノ平の東北道で昨年9月、乗用車が中央分離帯に衝突し、男性8人が死傷した事故で、岩手県警は13日、車を運転していた東京都港区北青山3の団体職員の男性(29)を、自動車運転過失致死傷の疑いで盛岡地検に書類送検した。

 容疑は昨年9月6日午後0時半ごろ、同僚や友人らを乗用車に乗せて青森県の八甲田山に向かう途中、中央分離帯に衝突、同乗していた福島県伊達市の神職(26)と神奈川県秦野市の神職(39)、東京都港区の大学2年生(20)の計3人を死亡させたほか、4人に重軽傷を負わせたとしている。

【関連ニュース】
東北道8人死傷:運転の29歳男性、書類送検の方針
GW:Uターンラッシュがピーク、高速道大渋滞 5日まで
GW:下り渋滞ピーク…関越道43キロ、東北道55キロ
GW:全国の高速で渋滞予測 最長45キロも
渋滞:上りのピークは3・4日--県内の高速道路 /埼玉

全国一律の対策に批判相次ぐ―新型インフルの「医療体制」を検証(医療介護CBニュース)
未婚化は日本の危機だ(産経新聞)
<雑記帳>テン、富山の動物園へ トキ保護センターで捕獲(毎日新聞)
ボーナス7%カットへ=人件費10%減の市長公約達成-名古屋市(時事通信)
檜枝岐歌舞伎 山里に江戸の伝統 福島(毎日新聞)