田舎歯医者日記

田舎歯医者の日々の生活日記は長閑さだけではありません。   *大井デンタルオフィス http://ohi.dental-net.co.jp*

なに、張り切ってるの!

・昨夜、寝しなに臀部からゴリゴリという音がした。
 今朝になったら立ち上がれない。ゆっくりと立ち上がったものの痛い。
 要するに腰が痛い状態なので、治癒には数日要するだろう。

 午後になって、トイレで用を足してから幾分痛みが軽減したのは何故?
 
・家内のことで苦言を書いておく。

 元々、歌うのが好きで地元のコーラスグループに所属していた。
 面白くないことがあっても、炊事もしながらでも歌っているので、俺とは違うなと思う。

 自分は面白くないことがあれば、掃除、片付けをすることで、乗り切る。
 とにかく、家内は声が通るので、外で小言を云われると恥ずかしくなってしまう。
 



 
 

ひな祭り

・娘のお雛様もここ数十年飾っていない。
 何だか申し訳ない気持ちになる。
 虫干しもかねて飾らなきゃなぁーと思う。

 ルーティンの仕事を終えてコフィアへ。
 今朝の珈琲は「ウ〜〜!!どうかなぁー」、こんな時もあるって。

 昨日、カウンター席の僕の定席に、幾分背の高そうな女性がかけていた。
 一つ置いて若い男性が。テーブル席にも数人。
 照明の明るさの関係でその女性の隣にかけた。
 「すみません・・」
 

・本日の天気は雨が降ったり、霙になったり、雪が降ったり。
 まさに冬の天気。

3月なのに

・予報通り、かなり冷え込んだ。
 それに数僂寮兩磧
 消雪ポンプ稼働。Autoだが浅井戸の水位の関係で手動に変更している。
 
・昨夜のNHKTV「ドキュメント72時間」は札幌の雪道を走り回る灯油配達車に密着。
 この番組は好きな番組。
 「ブラタモリ」も好きで録画してみることが多い。
 
・10時前、青空が見えて来たが、どうなることやら。



 

たかがインレィ、されどインレィだね

 ・小雨の朝を迎えた。
 傘をさすのも面倒なので、もえるゴミ出しは中止した。
 
 高校時代の友人〇〇が治療後、3月某日上京すると話してくれた。
 自分なら日帰りか、一泊二日で済むが、彼は体調考えて二泊三日の予定とか。
 二泊!羨ましい〜。
 ナニさんと会うんじゃないの?
 ニヤニヤする〇〇でした。


・午後から厚い雲におおわれて来た。
 嫌だね〜。頭が重くなるよ。
 
・1514にインレイ(MOD)をセット予定の〇〇さん。
 何と不適。きれいに仕上がっているのに何故?
 印象時の変形かも知れない。
 2つ印象を採った。
 次回は間違いなくセット出来ると思う。
 
 

 
 

うるう年

・昨夜も早めの就寝。  
 その為もあって、見た夢は「うふふ・・こんなの夢物語だよね」
 本日の天気 4℃ 曇り時々晴れ。

 今日は午前中のみの診療。
 抜髄しなきゃいけないと思っていたケースが、その必要も無かったのだ。
 「やたらと抜髄するな」と、根管治療の師匠から云われていたので良かったと思う。
 
 先ごろ完成した㉓24㉕ブリッジの出来栄えに納得出来ず再製することになった。
 一方では、21㉒㉓2425㉖の2回目のロビジョナルブリッジは予後良好。
 3月半ばに本印象することになった。
 抜歯、根管治療から始めてほぼ1年かがりの治療だった。
 このようなケースが多いので、大変だけど治療は楽しい。

・今日は外出することも無く、電話用件3件、パソコンで調べ物で終わった。


・「天声人語」のうるう年の記事は、なるほどねと納得した。


 

 
 

 
 
 
 

どうすりゃ良いの

・昨夜、いつもより早めに就寝したせいもあって喉の不快感が無くなった。
 いや!葛根湯が効いたんだよ。

 9時過ぎ、先ごろ長兄のCT撮影した結果を承ったが、特に異常なしだった。
 事前に施設でCTを撮って(しかも家族に無断で)読像出来なかったのだろうか。
 ややこしい影像は荘内病院で確認してもらう。
 間違いない判断だと思う。

 それにしても、弟が帰郷していればこのようなケースに付き添い出来たのに。
 本当に悔やまれる。

 帰宅後、楚々と昼食そして仮眠した。


・午後から診療を始めたのだが、今一つ活力が出ない。
 
 

チョッピリ不快感

・予報通りの天気、北西の強風雨。
 小雨のなか、燃やすゴミ出し。
 
 Sさんの局部義歯、無調整セット。
 このラボで製作(技工)したものは殆んどが無調整もしくは微調整で済んだ。

 恨めしいよ、10数年ほど前、地元某技工士が製作した義歯がセット出来ず。
 小一時間かかって床を削除。

 こちらが書いた床縁を無視して製作したこと、下記の要因が原因だった。
 これを解決するには、副模型に完成義歯をセット出来るかどうか。
 その技術が無いとセットは難しい。

・昼前になって、強風雨は治まった。
 ゆっくりしたものの、治まらないのが喉の不快感。
 
 
 
 
 

そういうこともある

・一日遅れのBlog。いつものことだ。
 朝から、とあることを考えていると、元気が出て来ない。
 憂鬱になってしまう。
 
 ところが、青空が見えて来ると,気分一新する。
 診療終えればコフィアに行ける。

 午後から喉がいがらっぽくなって、「なんだこりゃ!」
 手持ちのツムラ葛根湯2.5gを服用したら、「チョットはましか」の状態。
 何かのわだかまりなのか、アタマも重い。

 家内から午後6時を過ぎて帰宅になると電話。
 7時30分にSさんにレクチャーを受けるのに。
 これじゃ、夕食を食べる時間も無い?

 S氏に断りの電話をした。明日の予定のつもりだがどうなることやら。

 


 
 

 


 
 

やれやれ

・日曜日は早起きしなければ、ルーテインのことが出来ない。
 クリーニング店経由でコフィアへ。
 その途中、健康管理センター(元鶴岡警察著跡地側)の魔の交差点、歩行者無し、右側からの車無し、
 左側からの車無しのはずが、シャコタン?の小型車に気がつかず右折しかかった。
 シャコタン車が一時停止したから良いものの、危なかったぁ。
 「有難う、ごめん」とハザードランプを点灯した。

 警察官がいたら一発で違反切符だ。


いやいやまったく

・昨夜からの小雪は数僉雪かきよりも雪を掃くが良いかも。
 今朝も寒い。灯油補給した。その量は?

・家内が運転をやめたので、休日はTaxiドライバーのようにあちこち連れて行かねばならない。
 そのため、1〜2時間の雑用時間が取れなくなってしまった。
 取れるのは夕方6時から30分は至福の時を過ごすコフィアだけ。

・午後から陽射しがあった。
 
 

寒いよ〜

・昨日は8時起床となった、これじゃまったく予定にスケジュールが出来ない。
 やっぱり7時起床。ルーティンの掃除をしなくちゃモヤモヤが残る。

 9時過ぎ、郊外の施設に行って来た。
 その帰り、コフィアへ。

 新聞紙上は「史上最高値の株価、バブル超え」でも、「そうなんだ!」と思うだけ。
 一方ではロシアの反体制派ナワリヌイ氏の獄中死。
 都合の悪い人物の命を奪う。
 恐ろしいことだ。物言えぬ国。
 怖い国としか思えない。

・雪は降っていないけど寒いよ〜。



 
 
 

専門職にゴーサイン

・本日は全休にした。

 一息つきたいのと、片付けをしたい。
 と、思っていたら「市役所に行きたいんだけど・・」と家内の一声。
 「分かった!」と午後から出かけた。

 家内の云うことは出来るだけ聞いてあげることに徹底している。
 フットワークの良さは母の躾の賜物だ。

 最近はスーパーへ行っても自分から買い物をする気になれないようだが、
 この数日のことか?

 こんなことで、休日や診療後に自分のしたいことが制限されてきた。
 2人の弁護士に相談中の案件を早急に決定しなければいけない。
 
  

夕方、雪が降って来た

・今朝は寒かったと思う。
 明方には小雪が舞っていたようだ。

 数日振りでボイラーを焚いた。
 灯油代が気にかかるのは3代目のボイラーに交換してから10年は経過、
 煤が溜まって燃費が悪いような気がしている。
 
 次も灯油ボイラーとは考えていない。
 漠然とあれじゃないかと思いつく。
 あれ!とは何か。

・午前中、家内がすこぶる機嫌が悪いのは体調が悪いのだろう。
 こんな時に限って野暮な電話が来る。
 「勘弁してよ〜」と言いたい。

 つくづく思うのは。「骨盤底周囲筋」をもっと耐えておけば良かった。
 中腰で片付けをするのを見てチャント屈んだ方が良いと注意をしたものだ。
 この段に及んで屈んで片付けをしている。

・午後3時30分頃から小雪が降って来た。
 何と5僂曚匹寮兩磴箸覆辰拭

・悪1413㉑㉒㉓2425㉖の2回目のプロビジョナルブリッジセット。
 殆んど無調整セット。
 鏡を見た〇〇さんはニコッと笑顔になった。
 
 
 

 
 

やっぱりそうするか

・朝から雨が降っていたのでゴミ出しは次回にした。
 おまけに若干寝坊したから。

 頭の中はモヤモヤでサッパリ書くことが進まない。
 こんな時は無理しないことだ。
 
 余計なことを考えずに診療に没頭しようか。

・昼食後、とある業者から電話。
 「そうなんですか・・・」じゃ!また。
 貴重な昼寝の時間だ。
 
・心のなかの鬱積したものが蘇って来た。
 

悩ましい

・今日もほぼ快晴だ。
 まるで3月か4月の陽気。
 しかし悩ましい季節。
 

ポカポカ陽気

・日曜日は早起き。
 ルーテインの掃除。
 9時過ぎ、クリーニング店へ。
 初めて見る店員に「奥様お元気ですか」と云われて、「この頃体調悪いんですよ」
 どうして知っているんだろ?
 職業まで知っている。

 以前、勤務していたスタッフ?
 違うなぁー。


・ポカポカ陽気になった。
 10時前にコフィアの駐車場でスマホで検索。
 シャッターが開いたので入店。
 いつもの2人の中年男性と高齢男性が一緒。
 時たま30代くらいの女性が一緒の時がある。

 今日の珈琲は苦みが強かったなぁ〜。

・帰宅後、家族とモスバーがへ。
 珠にはこれもありかとな、思った。
 デスクワークと浴室掃除後、ポカポカ陽気で眠くなって1時間半も仮眠。

・今日も良く働いたなぁーと満足した。
 

 

見上げれば

・この空に鬱積がすっ飛んでしまった。
 雪が積もれば、庭の手入れの悪さが見えなくなってしまう。
 雪が無ければ、手入れの悪さが目立ってしまう。
 もうじき庭の手入れをしなければならないが・・。

・青空にご機嫌になった。
 嫌なことがあっても青空に負けてしまう。
 そこに、大好きな曲「80日間世界一周」が流れてくる。
 僕の葬送曲にしたいと思っている。
 今日はこの曲をスマホで聞きながらコフィアに行こう。

 

仕方ないかも知れない

・今朝は寒かった。小雪が舞っていた。
 10時頃から青空が見えて来たが曇ったり晴れたり。
 月半ばになって何だかんだと忙しかった。

 昨日の疲れは何処かにすっ飛んでしまったけど、弟がそばに居ればどれだけ助かるかと思うこと
 しばしばだ。
 しかし、それも運命だ。いつまで引きずるわけにはいかない。
 

 
 

長兄に伴って

・11時市立荘内病院へ。
 故〇〇先生だったらそれまでの時間に数人の患者さんを診て、遅れて着くだろうけど、
 僕はそうはいかない。

 検査が終わって施設に戻ったのは12時半ごろ、帰宅していつものような昼食。
 その後の外出は断って2時間近く熟睡した。
 技工室の模型棚の整理を予定していたが、とても無理だった。
 それに夕方まで数件の用件で電話相談予定は疲れ果てて断念した。

・あれもこれも片付けたいと思いながら捗らない。
 もしかしたらこれで良いのかも知れない。

・前後するが病院玄関で介護タクシーを待っていたら、高校時代の友人〇〇らしき男を
 見かけた。頭は真っ白、歩行もジジくさい。
 声を掛けるのをためらってしまった。
 

気温が高い

 ・曇り時々晴れの天気。
 久しぶりに来院のNさん。先ごろインフルエンザで9日間の闘病だったとのこと。
 その間、愛犬は散歩はどうしたのだろう?

 歯磨きは思うほど出来ず。歯肉炎で出血著しい。
 日常生活に戻ったから、いつものように歯磨き丁寧にお願いしますね。
 
・3か月ぶりに来院されたUさん。
 12のプロビジョナルブリッジは咬耗で穴があき、歯肉は発赤。
 取りあえず調整セット。
 次回からは歯周治療をしなければならない。
 頑張らなきゃ。

無資格者の技工?

・昨夜はいろいろのことを考えては悶々として寝付けられなかったが、
 いつの間にか夢の中にいたようだ。
 7時前起床。
 マーマーの天気かと思ったら、雲におおわれてしまった。

・昼休み、たまにしか技工発注しないAラボの社長から電話。
 #㊼46㊺のジルコニアブリッジを自費専門ラボで製作したが、出来栄えに不満足と、
 その旨を伝えている。
 技工物は返還、技工料はチャラにして貰うつもり。
 厚かましいかなー。

 この歯冠形態は技工士の仕事では無いと、Aラボに技工依頼したことを伝えた。
 出来れば見学に行きたいと言うと、「どうぞどうぞ」となった。
 
 その後、仮眠で熟睡してしまった。
 午後2時前に目が覚めた。
 青空が見え隠れする空模様になっていた。

コロナ侮るな

・月曜日が休みって良いなぁ。
 バイオリズムの関係で木曜日午後休診、全休にしているが、
 日曜日、月曜日休日も時には良いと思っている。

 早めにコフィアに向かった。
 産経新聞の朝バレエッセーが好きで読むのが楽しみ。
 和んだり、嗚咽したり・・・。
 
 帰宅後、段ボールの解体とボイラー室の整理整頓。
 風が強く、風除室を閉めての作業。

・夕方、スーパーへ。
 悶々として、再びコフィアへ。

 そこで読んだのは「日本経済新聞」の「春秋」
 記者はコロナに罹ったことを書いていた。

 尾身茂さんから聞いた
 「5類になってもウイルスは変わらない、普通の風ではないのです」
 が布団の上からずしりと重くのしかかった。

 変異株が登場し専門家は今を第10波のただ中と見ている。
 我々はコロナに克ことを諦め共に歩む道を選んだのだ。
 感染数や死者数の発表を減らし病の広がりは見えにくなった。
 だが消えたわけではない。
 ウイルスの脅威と強かさ身をもって思い知った。
 自然を侮ってはいけない。(日本経済新聞 2024.2.24)

 そう言えば、スーパー等でマスク着用している人が減って来たが、
 これで良いのかと心配になっている。

もう雪は降らないかな?

・7時前に起床。直ちに掃除開始。
 朝方寒く、小雪が舞って来た。クリーニング店をスルーしてヤマト経由でコフィアへ。
 コフィアへ行ったら、いつものカウンターに元相撲取りのような男が鎮座していた。
 心の中では「気分悪ーい」
 その頃には今度は小雨だ。

 家内の頼まれた物をツルハで購入。
 box tissue じゃないtissueがあるけど、無駄になってしまうようだ。

 

連休前の土曜日

・寝起きが8時前になってしまった。
 こんな時は「んふふふ・・」という夢を見た時が多い。

 それはそれとして、良い天気になったので嬉しかった。
 それと「雪が無いので助かるね」とおしゃべり。

 午後から雲におおわれて来た。
 
 土曜日、実質3連休の人も多いと思う。

 1時間予約患者のキャンセルがお二方あってので、少しのんびりと・・。


・いつの間にか小雨模様になった。
 と、思っていたら4時過ぎて、北の空には虹、南の空は青空が見えて来た。
 それはつかの間、忽ち再び厚い雲が広がって来た。

 今日は早く終わりそうだと思っていたら、5時30分の予約がある。
 抜歯後経過だから早く終わりそう。 
 

母の躾

・長兄を郊外の施設から介護タクシーで市立病院へ行った。
 亡母(97歳没)と同じ長命と思っていたのに、よりも寄って・・・。

 お腹も空いたと思ってコンビニそばで売っていた巻き寿司を食べてもらったが、
 箸遣いが上手いのに気がついた。
 母の躾は箸使いまで行き届いていた。
 その点、反抗的だった僕は箸使いは上手くない。
 恥ずかしいのだ。


・2時間半ほど病院病院で過ごすことになったが、いろいろのことで気になって来る。
 とある受付前の絵が傾いたまま、年を迎えてもそのまま。
 そもそも・・・・何だよな。

 来週15日にまた受診することになったようだ。

・本日は午後3時からの診療予定通りのスケジュール。

午後休診です

・今朝はことさら寒い。だけど降雪が無いのがラッキーだ。
 木曜日の今日、数人の方の治療。
 中でも高校時代の友人〇〇に前歯6歯に〇〇をセットする。

・明日は長兄の病状のことで病院に行く予定だ。ひたすら降雪が無いことを
 祈っている。久しぶりの対面で泣かれはしないかと心配だ。
 

素直に小言を受け賜る

・何と7時50分起床。夜間トイレ無し。
 慌てずゆっくりと着衣。
 
・やっぱり小言か!〇〇さんの義歯試適のうえ完成したのに、「あっちがどうのこうの」と。
 確かに、ここはこうだな、と咬合挙上。
 こんどは「膨らみが無い」
 〇〇さんの元職は△△。この職の人は、お客様からのクレームがある職。

 以前も、某さんの義歯も数度の排列試適。
 「これで製作しますよ」、「良いです」
 完成すると、待っていましたとばかり「何だかんだ」と小言を云い出した。
 当然ムッとして、「何回か試し入れして、これで作りますよ、と言いましたよね」
 それでも、受付で小言を云いながら未払いで帰ってしまった。

 数年後再来院。
 前回のことを話すと、「・・・・」

 とにかく、再挑戦して製作。
 記憶によると2回分の費用を頂いた。
 その後の来院は無い。
 生きているとは思うのだが。
 
 

このままで良いよ

・関東地方の大雪?で昨夜から今朝もそのことばかり。
 これ以上書くことはおこがましいので止めよう。
  
 朝サラッと雪が降った痕跡があったが消雪の必要は無い。
 
・明るい空にホッとして、「よ〜し義歯修理今日中やっちゃおう」
 残根上義歯の修理は出来ても、スッキリせず。さらに裏装することに。
 新製義歯は排列中。それまでの間ガマンしてくださいね。〇〇さん。


・書斎デスクの片隅から、長兄の親友〇〇さんのお悔やみメモが出て来た。
 享年76歳だった。
 時が過ぎて11年前も経った。
 
 歯の治療にも来てくださった
 そのことが昨日のように思えて来る。
 ある日、自転車でここまで来る道筋が分からなくなったこと、奥さんからお聞きした。
 今で言う認知症の兆候があらわれ、その後の治療は奥さんは同行されたようだ。
 〇〇さんは学校教諭だった。
 
 長兄もやがて後を追うことになるのだろう。


雪が無い

・冬まっただかなのに雪が無い。
 そう言えば、過去に、サラッと雪が降っただけで、その後ろくに雪が降らなかったことがあった。
 今冬もそんなものかと思っている。
 寒いのはガマンするしかないか。
 
 ただ、灯油が高いのはガマン出来ない。
 けど、商売上暖房しないわけはいかない。

 かなり昔のこと、患者さんから暖房協力金50円?(100円だっかたか?)を頂いたことがあった。
 懐かしい思い出だよ。
 何年続いたかは記憶が無い。

 この先、冷暖房設備はどのように変わって行くのだろうか。
 
 

立 春

・朝から家内はくだくだしている。
 長兄、それに家内が加わるとどうすれば良いのやら。
 悩ましいことだ。

 今朝も、クリーニング店、ヤマト経由で11時過ぎてコフィアへ。
 昼食前に書庫の段ボール解体整理。

 しばらく、資源ゴミ回収依頼を忘れていたのが悔やまれる。
 かなり溜まってしまったのだ。

・朝日新聞「天声人語」椿餅のことが書かれていた。
 家族に聞くと、「以前は、〇〇屋でも売っていたよ」
 ところで、今は売っていないようだ。

 椿餅は千年以上前に書かれた源氏物語に登場しているとのこと。
 椿の葉っぱで包まれたものらしい。
 
 
 

Archives
Amazon
QRコード
QRコード
Recent Comments
楽天市場
  • ライブドアブログ