さて前世療法ですが、私がちょっと感じてるのは 

前世でもし今世の何かの原因というものに出会ったら 
例えば因果というものや業というもの

実はパンドラの箱であったりと感じたりで 
業ってパンドラの箱を開けてしまうより 上書きのほうが良いのでは?と思ったりなのです

神仏って案外親切で見せない方が良いものってあえて見せないようにしていて

それを無理やり見ちゃうのは、あんまよくないんじゃないかと思ってたりなのです

自分の中や環境に受け皿がないうちに、それを知っちゃう、的な感じと言いますか

もしそれを見る必要があったとしたら、完璧なタイミングで見せてくれると思ってたりなのです

例えば業というものがあって 
それを前世療法なんかで開けてしまったら 少しずつ解消、、もしくは解消できるときにそれを解消すべき出来事が起こるはずが

一挙に来てしまって対応しきれなかったりしそうな感じがしちゃうのです

霊能なんかも、、例えばすべき下座行や自分の器量を広げずに 
ただただ力だけを欲して そっちの行ばかり行うと、、案外精神やられちゃったリ 

生活をやられちゃったリって多いですから

妄想ですが、、浦島さん、、実は乙姫様からもらった箱って業が入ってるパンドラの箱だったり
と思ったり ははは
ま、結構前世療法ってワイス博士くらいになれば別でしょうが 

誘導催眠的な感じも受けちゃったりで 
誘導催眠で誘導され前世何が視えますか?といわれ 

無理やり知ってる範囲の知識で答えようとしたり 
見ようとしたりという場合も多いんじゃないかなあと 

実は何回か前世療法立ち会った時があって なんとなく感じたのです 

ははは
ともう一つ受けてる最中って霊的にめっちゃ無防備!!なのです

無防備の体に浮遊霊やら入りたがりの霊なんかが入りやすくなってるのです
なので結界なりした方がいいよな~とめっちゃ思ったのです

(実はたちあったのは 結界やもし憑依を受けた場合の対処のため)

多分前世療法中に憑依受けちゃって調子悪くなる方もいるんじゃないかなあ と思ったりします
ちょっと精神的にまいっちゃう方もいたりとかね

ま、そのあたりは きちんとした施術者さんはちゃんとしてると思いますが

祈祷や呪術なんかも基本霊媒にといいますか 
ある種のトランスというか憑依状態になるので 結界張るじゃないですか 

霊を扱う方はそのあたり注意ですね~と思ったりです



逆に言うとそれができない方は霊を扱ってはダメな方なのです
いつも言うけど視る人と扱っていい人って別でして 

いまだと扱ってはダメな占い師さんなんかがお金がいいから霊を扱うから 
まあ大変なことにというね
霊を扱っていい人ってもって生まれた能力だけではだめで

扱うためのマニュアルを ちゃんと身に着けていないとなのです