北海道内の炭鉱で働き、じん肺になった患者や遺族が、国に対し1人当たり1150万円の賠償を求めた新北海道石炭じん肺訴訟第3陣のうち、国が損害賠償請求権の消滅時効を主張した15人(4人死亡)に対する判決が26日、札幌地裁であった。中山幾次郎裁判長は消滅時効の経過を認めず、1人当たり477万~917万円を支払うよう国に命じた。
 原告15人について、消滅時効(3年)の期間が経過しているかが争点となった。 

【関連ニュース】
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携

普天間問題「皆が納得する案を努力している」 防衛政務官、米国防次官補と会談(産経新聞)
阿久根市長、同じ職員を2年連続さらに降格(読売新聞)
よど号事件40年 残留組の意地(産経新聞)
落とした携帯探しに現場戻る 強盗未遂の男逮捕(産経新聞)
マンション入り口に男性遺体=腹に傷、殺人事件で捜査-大阪府警(時事通信)