小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)らが逮捕されてから初の閣議後記者会見が19日午前、各省庁で開かれた。

 「土地の購入資金の原資を調べているようなので、複雑なお金のやり取りの背景を話し、説明責任を果たしてほしい」。前原国土交通相は、小沢氏が事情聴取に応じるよう求めたが、こうした意見は少数派。

 「本人が判断すること。一般論としては、説明を色んな機会で申し上げることは、一つの筋だ」(長妻厚生労働相)、「幹事長が適切に説明責任を果たすと思う。事態の推移を見守りたい」(川端文部科学相)など、この問題について明確な意見を示さない閣僚も多かった。

 また、中井国家公安委員長は、小沢氏が示した検察との対決姿勢について「小沢さんの性格だから、根幹的なことしか答えない。説明不足になるのでは」と、小沢氏を心配する一方で「批判をするつもりはないが、特捜部にも説明責任がある」などと言及した。

<陸山会土地購入>石川議員「水谷建設元幹部と会ったかも」(毎日新聞)
「本当言うとやっていません」初めて否認する菅家さん(産経新聞)
ハイチに見舞5万ドル 東京都(産経新聞)
平泉、小笠原を正式推薦=世界遺産候補-政府(時事通信)
衆院予算委スタート 「政治とカネ」問題で首相、「大変遺憾」(産経新聞)