投資信託で得た所得約2億4000万円を隠し、約3500万円を脱税した疑いがあるとして、東京国税局が東京都千代田区で開業する永井淳一郎税理士(79)を所得税法違反(脱税)容疑で東京地検に告発したことが分かった。

 関係者によると、永井税理士は06、07年の2年間で、税理士報酬とは別に投資信託で得た所得を申告せず、所得税約3500万円を免れた疑いが持たれている。永井税理士は修正申告に応じているという。【石丸整】

【関連ニュース】
名進研:社長を在宅起訴…脱税割合高く悪質 岐阜地検
脱税容疑:ビル転売の所得申告せず 東京の2社長を告発
脱税:芸能事務所アバンギャルド社長に有罪判決 東京地裁
企業買収脱税:公認会計士起訴 東京地検
犯人隠避:3容疑者を逮捕 GWGの企業買収巡る脱税で

「桃鉄」キャラを無断使用=風俗店経営の男を書類送検-大阪府警(時事通信)
全日空 B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機(毎日新聞)
龍馬も香りをかいだ?グラバーのラン販売へ(読売新聞)
子ども手当法案可決へ、衆院厚労委(産経新聞)
<日本音コン>優勝者が東京で発表演奏会(毎日新聞)