社民党の照屋寛徳国対委員長は23日午後、沖縄県庁で仲井真弘多知事と会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題について「今この政権の中で、官邸や外務、防衛の大臣、官僚たちが(同県名護市の)辺野古現行案で決着させようとしている動きがある」と指摘した。
 その上で、「沖縄にとっても最悪の選択で、認めるわけにはいかない。たとえ連立政権が現行案に戻るようなことがあっても、拒否してほしい」と知事に求めた。知事から返答はなかったという。会談後、照屋氏が記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
「戦争広告代理店」が語る「オバマ」「トヨタ」

石原都知事「与党党首に帰化人」 福島氏が否定 発言撤回要求(産経新聞)
耐震強度不足マンション、分譲側に代金返還命令(読売新聞)
メード服姿の“萌える”学生店長 夢は会社設立(産経新聞)
普天間にも「職を賭す」=5月末決着に強い決意-鳩山首相(時事通信)
高速新料金、深まる対立…内閣一元化揺らぐ(読売新聞)