国民新党の下地幹郎政調会長は18日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として同党が掲げるキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)案に社民党から反対論が出ていることについて、都内で記者団に「あまり何度も言うようだと、社民党と協議をしないという気持ちになりかねない。自分の考えにそぐわないから駄目だというのは不愉快だ」と語った。
 シュワブ陸上案をめぐっては、福島瑞穂党首が反対の考えを表明。重野安正幹事長も同日の記者会見で「いかがなものかと言わざるを得ない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

邦夫氏が質問評価=首相実母からの資金提供-与謝野氏(時事通信)
臓器提供しない意思の確認、家族への聞き取りなど3点で(医療介護CBニュース)
「リアル鳩カフェ」初開催=お茶飲みながら国民と懇談-鳩山首相(時事通信)
<証券取引法違反>経常益62億円水増し…2容疑者を逮捕(毎日新聞)
平松市長「大都市圏州を」 橋下構想に対抗する狙い(産経新聞)