【谷亮子出馬会見詳報】(3)

 --小沢(一郎民主党)幹事長は、谷氏が参院議員に当選した場合にどのような活動を期待しているか。谷氏は当選した際にどのような活動をしたいか。また、(柔道選手として)現役を続行するのか。

 小沢氏「私から、んじゃ、まず最初にお答えいたします。うーん、今、ごあいさつの中で申し上げました3つの点について、私は日本の未来にとって大変、重要な、大事な要件であろうと思います。谷さんはご案内の通り、長年にわたってチャンピオンとして今日までやってこられております」

 「それは、ただ単に漫然としてそういう偉業を達成してきたわけではないと思います。非常に厳しい自己努力と自己規制、そして不断の努力によって達成している。自分の理想、目標に向かって全力で立ち向かっていく、努力する、そういう私は、生きざま、それがさっき申し上げましたように、今日の日本の社会で希薄になっているように感じます」

 「その意味で、谷さんの精神をさらに政治を通じて日本国民に広く培っていただくような努力をしていただきたいと。このように思っております」

 「2点目の子育ての問題についても同様でございます。私はその意味で、特に民主党は日本の未来、将来っちゅうことを考えたときに、子ども手当の話もありますけれども、あらゆる意味で子育て、教育ということに力を注いでおりますので、そういう面で、ぜひ今までのご自身の経験を生かしながら、政治の場でいっそう活躍してもらいたいと。そう思っております」

 谷亮子氏「今、小沢先生が言われた通りで、私自身、柔道を小さいころから続けてきまして、これまで中学のころからいろいろな国に行きました。そこでやはり、国際交流ですとか、スポーツのあり方ですとか、そういったことを今日まで学んでいる最中です」

 「そこで、微力ながらも自分自身で何か伝えたい、何かできることがあるのではないか、というようなところから、まあ、スポーツにおいて、何かその、スポーツ振興であったり、スポーツの環境を整えたりだとか、そういったことに携われたらいいなという希望がひとつと、あとはやはり、子育てをしながら現在、いろいろなことにチャレンジをしているんですけれども、その中で、国民のみなさまが、やはり誰もが望むような国づくりにできていったらいいな、というような希望も持っています」

 「そして、あとは、現役はこれまで公言してきた通り、現役はもちろん続けます。そしてロンドン・オリンピックで金メダルを目指します。また、国政の方にも携わって、政治の方でも一生懸命、同様にがんばってまいりたいと思っております」

【関連記事】
谷亮子が次男出産“4人家族でも金”
好きなスポーツ選手 ダントツ1位は!?
谷氏「やってみよう」 出馬決断は4月下旬 
小沢氏「百万、千万の味方を得たような気持ち」 谷氏出馬表明
「地球を覆うほどの愛で」谷亮子氏が参院出馬、現役続行も表明

首相、徳之島移転案を表明=3町長は拒否-普天間移設(時事通信)
“脱走”クジャク、飼い主はどっち? 男性2人が名乗り(産経新聞)
【金曜討論】全国学力テスト 澤田利夫氏、梶田叡一氏(産経新聞)
野毛山動物園で動物のホネ展開催中(産経新聞)
「患者中心の医療は、患者が主役となるカリキュラムから」(医療介護CBニュース)