マイナー人生に栄光あり

プロ野球球団オリックスバファローズこと波牛軍団を応援する独身男のネットで公開する日記です。シーズン中は波牛軍団、シーズンオフは再び興味を持ち始めた鉄道を中心に日記を記していきます。

2006年04月

助かったワンプレー

選手会長川越が西武打線を8回1失点に抑える好投を
したことが今日の勝利の第一要因でした。

ヒーロー川越






波牛公式ページ

6回表に打ちとったと思われた当りがヒットやファールに
なったりしてランナーを溜められ和田の犠飛で同点にされ
ましたが、それ以外は打たせてアウトを稼ぐ投球が出来
完投も可能ではと思える内容でした。

今年はリリーフ陣の出来が現段階では不安な要素があります
ので、先発投手陣を引っ張る立場的存在である川越には
今日の様な投球を今後もして欲しいです。


さて、個人的には9回表無死一塁の場面でのあるプレーが
波牛軍団今日の第二勝因になったと思います。

二点差がついたこの回から川越に代わりストッパー大久保が
観戦した20日の東京ドームでの対北海道日本ハム戦以来の
登板をしました。

ところが、初球をいきなりカブレラにライトへホームランを
打たれ1点差とされると、次の打者和田にも四球で出塁を
許し、嫌な感じがプンプン漂う展開となりました。

西武ベンチは和田を確実に二塁に送るためにGG佐藤の
代打佐藤友にバントをさせます。
そして、バントした当たりは確実に二塁へランナー送れる
コースへころがりました。

ところが、一塁ランナー和田が全力で二塁へ向かおうとしない
怠慢とも言える走塁を見たバントの球を掴んだ北川が二塁へ
送球アウトをとり、得点圏への進塁を阻止したのでした。。

大久保の出来が良くなかったことを考えると、得点圏に進塁
させられなかった西武側のミスが勝因になったとも言えます。


関東在住の方にはお馴染だと思いますが、文化放送の
西武戦中継でレポーターを務める中川充四郎氏も和田の
走塁の件を自身のサイトで触れてました。

中川充四郎氏ドットコム 4/30全力疾走の項目参照

中村監督、薄氷勝利に「心臓に悪い勝ち方」 サンケイスポーツ


今日の勝利で日曜日の連敗阻止と借金完済を果たした波牛軍団
ですが、明後日からの相性の良い東北楽天との3連戦勝ち越しで
週末からの千葉ロッテ3連戦、そして交流戦最初にあたる好調
巨人との3連戦を前に弾みをつけて欲しいです。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

平野佳完封勝利で反転攻勢ダ

平野佳の好投と打線の効果的な得点の仕方が見事重なり
ようやく波牛軍団は連敗を止め勝利を得ることができました。

今日は前監督仰木さんの誕生日で、絶対に負けられなかった
ですから勝ってホッとしました。


波牛公式ページ

序盤は平野佳が得点圏にランナーを置く場面がありましたが
ここぞというところでしっかり抑えて西武に得点を許しません
でした。

ケーブルテレビ観戦してましたが、変化球が低目に決まり
直球も厳しいところをついていたので、西武打線がなかなか
的を絞れてなかった感じでした。

平野佳が今季2度目の完封 デイリースポーツ

1人で投げきったというところが最大の誉めどころです。

早くも二度目の完封勝利ですから、今後の活躍も大いに期待
できますね。


打線は2回表谷のソロホームランで先制。

西武先発西口の低目の変化球をものの見事にレフトスタンドへ
打ち返してました。
まさに谷だから打てたホームランという感じでした。

ただ、西口もボール球を打たせてアウトをかせぐという
好投をしていたので、なかなか点が奪えそうもないなと
いう感じでした。

しかし、4回裏阿部真タイムリーで1点追加、6回裏もやはり
阿部真が2点タイムリーを放ち追加点を奪い西口をマウンドから
ひきずり落とすことができました。
阿部真







中村紀・清原両名が欠場したことで、「つなぐ」意識を持っての
攻撃がしっかりできた様に見えたのは気のせいでしょうか?

但し、今日の勝利も明日勝ってこそ意味があると思います。
西武三連戦勝ち越しがすなわち勝率5割につながり、且つ
日曜日連敗もストップしますしね。

となれば、今季本拠地での投球内容が悪い川越に明日は絶対に
勝ち試合を演出してもらわなければ困るというわけです。
川越紹介







選手会長としてチーム開幕投手を務めた者としての意地を
そろそろ見せてもらいましょう!

(追記)
今日のケーブルテレビでの試合中継の解説をしたのが
昨年までサーパス神戸監督を務めた加藤秀司さん。

リポーターからガルシアが「昨年復調させてくれた恩人で
ある加藤さんには今でも感謝している」との発言があった
との報告がキッカケで、加藤さんのガルシアに関する話が
始まったのですが、打つ際の腰の振り方を教える為に自身で
何度もお手本を見せ過ぎたのが要因で昨年シーズン途中
腰痛リタイアをしたのだとこぼしてました。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

早川猛打賞、松坂KOでも西武に負けた

今日は勤務後に職場の歓送迎会があったので、携帯で1度
途中経過をチェックしました。

そうしたら、松坂をKOさせて久々の得点を重ねた
波牛軍団が6対3で宿敵西武をリードしていると知り
「今日で連敗脱出ダ」と気分良くしてました。

ところが、帰りの列車の中で再度チェックしたら

6対8

となっていたではありませんか。

7回表ツーアウトから何で5点取られるの?

何でカブレラに逆転満塁ホームラン打たれるの?

と思わずムンクの叫びの如く叫びたくなりました。

波牛公式ページ

下記の記事で本拠地神戸切り捨ての動きに対し波牛選手達も
困惑してますが、その神戸で今日西武をたたいて連敗を止め
神戸のファンを大いに沸かせて欲しかったというのに・・・。

「大阪オリックス」へ ナイン困惑 日刊スポーツ


実は今日の歓送迎会の席決めで、ひいたクジに記された番号が
「37」だったので、もしや贔屓の早川が今日一軍登録されて
活躍してくれたらいいなと思ってました。

そうしたら本当に早川が今季初めて一軍登録され、いきなり
猛打賞を放つ活躍をしたのです。

今日の試合の1・2番コンビです↓
早川&平野恵







思わず飛び跳ねる程うれしい知らせでした。
なのに、逆転負けですからその反動としてのショックは
とてつもなく大きいです。


先日の本柳登板に今日の早川スタメン登場と二人を贔屓して
いる身からすると、彼らがラッキーボーイ的存在として
波牛軍団勝利の原動力となって欲しいと切に願います。

明日・明後日と西武に連勝しないと借金地獄にはまる可能性が
高いですね。

しっかりしてくれぇー、波牛軍団。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

今後の観戦予定

一昨日・昨日と完封負け試合を観て怒りの観戦報告を
しましたが、今後も懲りずに波牛軍団観戦をする予定
ですので、今日はその観戦日程をあげたいと思います。


。儀遑菊(金)対千葉ロッテ戦 千葉マリンスタジアム

ずばり「マリンリベンジ」試合となります。

何せ対ロッテ戦観戦昨年から7連敗中、マリン観戦も
同じく5連敗中という散々な状態ですからね。

ミスチルファン1974さんの観戦企画に参加させて頂いての観戦と
なります。

今年誰かと観戦を共にした試合は2戦2勝ですから、絶対に
勝ち試合を観てリベンジを果たします。
(ちなみに単独観戦は昨年から7連敗中です)


■儀13日(土)対東京ヤクルト戦 大阪ドーム
  5月14日(日)対東京ヤクルト戦 神戸スカイマークスタジアム

当初は佐竹台さんの来月6・7両日のマリン観戦企画
いずれかに参加しようと思ってましたが、職場内異動の
影響でこの両日出勤せざるを得ない状態となり、言わば
その腹癒せの為の観戦企画としてたてたのが上記の
2試合です。

同時に今年初となる遠征観戦となります。

大阪ドームでは内野席、神戸スカイでは外野席にてそれぞれ
観戦する予定です。


6月24日(土)・25日(日) 対北海道日本ハム戦 神戸スカイマークスタジアム

当ブログにコメントを寄せられる横浜球団権藤派さんと
出向く神戸遠征観戦企画です。

両日のうちどちらかの日に可能ならば、かねてからの希望で
あるフィールドシートでの観戦をしようと思ってます。


上記の観戦の他にも、6月の神宮や横浜、東京ドームでの
交流戦にも観戦に出向く予定です。

続きを読む

最低最悪なチーム

マリンでの波牛観戦を終えての帰路中です。

時間と金を費やす価値の無い現在のチーム状態に幾らでも
文句が言いたい気分です。



続きを読む

W中村と清原のポカで敗れる

勤務後に千葉マリンスタジアムへ波牛軍団観戦に出向き
ました。

続きを読む

先発投手に白星を

先週は北海道日本ハムと福岡ソフトバンクとの3連戦を
負け越しという結果に終わった波牛軍団ですが、その要因は
ひとえに先発投手陣が踏ん張っていないことに尽きると
思います。

先発投手に白星が付いた波牛勝利試合となると、14日神戸での
対東北楽天戦で吉井が勝ち投手になった試合まで遡らないと
いけないですからね。

明日からの対千葉ロッテ2連戦は貯金を増やすため、そして週末
からの神戸での西武たたきをする弾みをつけるためにも、連勝
する必要があると思います。

なので、明日先発デイビーに先週のハム戦での惨状を払拭する
投球をして勝利を呼び込んでもらわないと困ります。

大きな期待をしているデイビーの活躍を明日勤務後に千葉マリン
スタジアムへ出向きます。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

川越本拠地にて又も勝てず

今日は出勤日だったのでテレビ観戦できず途中経過を
携帯等でチェックしましたが、先発川越が踏ん張れず
福岡ソフトバンクに連敗という結果となりました。

波牛公式ページ

長距離砲ズレータが出場停止の中での今回の対ソフトバンク
3連戦を最低でも勝ち越しして欲しかったのですが、川越が
初回いきなり2点を失ったことが最後まで響いた感があります。

波牛2カード連続負け越し 7回菊地原投入が裏目 サンケイスポーツ

今日の登板も含めて、川越が今季本拠地で登板した試合では
勝てないジンクスは残ってしまいました。

吉井以外の先発投手陣が元気無い中で、開幕投手も務めた
波牛軍団のエースに今日の試合最低でも自身に白星をつける
内容の投球をして欲しかったので、今日の出来にはガックリ
です。


一方打線も、ホームランが3本出るも全てソロというアリサマで
打線のつながりの悪さが目立つ結果となりました。

今日スタメン出場の迎が二年振りとなるホームランを放ちましたが
逆転への起爆剤にはなりませんでした。
迎







迎、1軍では2年ぶりの本塁打 日刊スポーツ

つながっていればソフトバンク先発杉内を降板させられただけに
残念です。

波牛軍団の最近の数試合を確認すると、勝った試合でも先発投手に
白星が付かない試合展開が続いているので、先発投手陣は早くも
正念場にたたされました。

先日の西武戦といい、一昨日の試合といい、劇的なサヨナラ勝ちを
おさめたにも関わらず、勢いに乗って連勝できないところに現在の
チームの惨状が現れている感じがしてなりません。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

惨敗

昨日最高の形でのサヨナラ勝ちをしたにもかかわらず
今日の試合は先発平野佳の調子が悪かったのが見事に
響いて、打線の調子が悪い福岡ソフトバンクに13点も
取られる惨敗劇となりました。

波牛公式ページ

ケーブルテレビで観戦してましたが、7回表に松田に
ホームランを打たれた時点で観る気を失ってしまい
ました。

今日の平野佳は勝負球が高めに浮き、それを狙い撃ち
されて大量失点の素地を作ってしまいました。

新人平野佳、5失点KOに反省 日刊スポーツ

次回先発登板時に汚名挽回としての好投をしてもらい
たいです。

昨年9月7日の大阪ドームでの試合で0対5の劣勢から
このとき先発してた斉藤和巳を打ち倒し、昨年唯一の
黒星を付けさせた試合(観戦してました)を思い出し
今日も昨日の勢いで同様のことがおきやしないかと期待
したのですが、その再来はおきませんでした。

このシーンが来るのを待っていたのですがね・・・。
斉藤和巳降板








明日の勝ち越しをかけての試合は、本拠地での登板では
これまで2度期待を裏切った川越が先発ですから、三度目の
正直ということで相手先発杉内に投げ勝つ投球をしてもらわ
ないと困ります。
川越






しっかりたのむゾ、選手会長!


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

連夜の延長戦勝利

昨日東京ドームで波牛軍団が延長戦にもつれ込んでの
対北海道日本ハム戦今季初勝利試合を観たばかりですが
今日も福岡ソフトバンク相手に延長10回裏にサヨナラ
勝ちをおさめる試合をケーブルテレビで観られ興奮して
おります。

波牛公式ページ

Hチームに対し相性の良くない吉井が先発ということで
7回前後まで投げられたら勝機が見えてくると思ってた
ので、今日の出来はまさにアッパレでした。
吉井






好投しながら1日遅れの誕生日プレゼントとして白星を
得られなかったことが残念です。

そんな吉井の好投を無駄にしないためにも今日の試合を
落とすわけにはいかなかったので、9回裏・10回裏と二度
リードされている場面で馬原から得点を奪って結果勝てま
したから、チームに勢いがつく要因になりえますね。

10回裏無死満塁の場面でキッチリとサヨナラタイムリーを
放った北川に大喝采です。
北川







北川が決めた!チーム一丸の波牛軍団! サンケイスポーツ

無死満塁の場面で1点も取れないことはよくありますから
北川ですんなり勝負を決められたことは、明日以降の戦いに
おいて優位にたてられることにもつながるので、まさに
一石二鳥の働きぶりです。


続きを読む

勝ったぞぉーーー

只今、東京ドームでの波牛軍団観戦試合より戻ってきました。
延長11回表の日高勝ち越しタイムリーが決勝点となって無事
勝ち試合を観ることができました。

波牛公式ページ

とにかく疲れる試合内容でした。

何せ波牛軍団が取った点を直後にハムが取り返すという
展開で、試合の主導権を握れなかったですから。

7回表にツーアウトから四球で出塁の谷を置いて平野恵が
勝ち越しツーランホームランを打ったことで、ようやく
波牛側が試合の主導権を握れたと思いきや、その裏エラーで
又もや同点にされ、なおも無死満塁のピンチという最悪な
流れでした。

しかし、この場面は菊地原が獅子奮迅の頑張りでゼロに
抑え絶体絶命のピンチを切り抜けました。

今日の勝利の最大の功労者と言える働きぶりでした。
菊地原






菊地原の後を継いだ萩原もハム打線に勝ち越しを許さない
投球をして試合は延長戦に突入。

延長11回表に先頭北川がツーベースで出塁するも続く
バッター二人が凡退。この回も点が取れないまま終わるの
かという嫌な考えがよぎりましたが、日高が左腕清水から
ライトへ勝ち越しタイムリーを放ちついに勝ち越し。
チャンスで日高







ツーアウトということで、ハム外野陣は前進守備体勢だった
ので、タイミング的には完全にアウトだったのですが、どう
いうわけかハム捕手中島がランナー北川にタッチせずに勝ち
越しを許した感じでした。

その裏ストッパー大久保登板し、ランナー1人出塁を許すも
マシーアスを併殺に打ち取り、その瞬間波牛軍団の対ハム戦
今季初勝利が果たせました。

4時間半近くの観戦で正直疲れまくりましたが、勝ち試合です
から全て良しとしましょう。

最後に今日観戦をご一緒させて頂いた

佐竹台さん
Ronさん
ミスチルファン1974さん
平野台さん
職場同期の大明神さん(名前明かせないので)

本当にありがとうございました。
そして、明日はお仕事頑張ってください。

今年の波牛観戦成績 2勝2敗


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

ハムにサービスし過ぎです

今日も東京ドームに出向き波牛観戦をしてきましたが
現在の先発投手陣の中で一番たよりになるデイビーが
初回ツーアウトから小笠原とあろうことか昨日に引き続き
新庄にそれぞれホームランを打たれて4点を失うという
幕開けとなり、昨日に引き続き今日も最初から外野席で
機嫌を悪くしておりました。

デイビーは2回以降ハム打線に得点を許さなかったので
打線の早めの援護を期待しました。

しかし、その打線はハム先発左腕リーからなかなかヒットを
放てず苦戦してました。

5回表先頭北川がようやくチーム初安打を放つとツーアウト
から大西がライトスタンドへツーランホームランを放ち二点差と
しました。

ところが、6回裏にデイビーが稲葉に代わり途中出場の森本に
ツーベースを打たれたのをキッカケに致命的な2点を奪われ
又もや四点差とされ、試合の大勢が決まってしまいました。

波牛公式ページ

何せ今の打線は、最近の試合を観る限りでも一点差を跳ね
返すのも難しいのに、四点差ときたら言わずもがなです
からね。

とりわけ打線の中でも、今日の試合で4番を外され3番へ
配置された中村紀は特に散々たる状態ですから。
中村紀







今日もボール球に手を出し凡打と三振で無安打でした。

自分同様ドームへ観戦に来られ帰りの電車をご一緒させてもらった
佐竹台さん、平野台さんのお二方と中村紀の惨状について語り
スタメンから外すないしは登録抹消させて芳しくない足の治療に
専念させた方がチームの為、本人の為になるという意見で
一致しました。

今の中村紀では走攻守全てに精彩を欠くアリサマですから
4番は中村という信条をお持ちの中村監督には上記の様な
非情の決断をしてもらいたいです。
中村監督







代わりに後藤や二軍で調整中の牧田あたりに任せた方が相手
チームにとって十分脅威となりえますよ。
後藤







というわけで、北海道日本ハムに五つも貯金を献上した情けない
波牛軍団に対しとっくに堪忍袋の緒は切れておりますが、明日も
懲りずに東京ドームへ出向きますので、何が何でも勝って荒んだ
心に多少の安らぎを与えて欲しいです。

絶対やでぇーーー!

明日は青波メガホンを持って応援に臨みます。

今年の波牛観戦成績 1勝2敗(早くも借金生活だ・・・)


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

最悪です

東京ドームにて4対10の大敗試合を目の前にして大憤慨です。

波牛公式ページ

自滅でハムに白星を与えた形でしたから余計に腹がたちます。

続きを読む

のほほんと

勤務休みの日ということで、今日は昼過ぎから神宮球場へ
出向き東京六大学野球の立教大学対明治大学の勝ち越しを
かけての第三戦目を観戦してきました。

どちらの大学も母校でないので、第三者的立場としての
観戦をしてきました。

今日は関東地方は朝から温かい陽気でしたので、午後1時
からの試合を気持ち良く観戦することができました。
ドーム球場では決して味わえない野球観戦の醍醐味を感じ
とれました。

試合の方は、3回終了時点で明治が7対0でリードという
一方的な展開になりましたが、直後の4回表立教が5点を
奪い二点差までおいあげたので、どちらに白星がころぶか
分からない状況になりました。

最終的には8回裏に明治がダメ押しの1点を取り、8対5で
明治勝利という結果でした。

観戦して思ったことは、簡単に出した四球を出すとその後
連打をくらい大量失点につながるなということでした。
これは、プロ・アマ問わず言えることですが。


さあ、明日から北海道日本ハム対波牛軍団の東京ドーム
三連戦が始まります。

前回ホームで対戦したときは3タテをくらいましたので
今度はお返しとばかりの3タテをハム相手にして欲しい
です。

セラフィニの出来に全てがかかりますね。
セラフィニ







水曜・木曜の観戦チケット(外野自由席)は購入しましたが
明日も気分が向いたら観戦に出向く予定でおります。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

佐竹好走塁が波牛敗因ではあるが

今日は休みということで波牛軍団対東北楽天の試合を
ケーブルテレビで観戦してましたが、結局延長戦に
入っての負け試合となってしまいました。

波牛公式ページ

敗因の引きがねとなったのが、延長10回表に萩原が
ツーアウトランナー無しの場面で元青波戦士佐竹に
打たれたライト前ヒットでした。

ヒーロー佐竹







前の打席で対菊地原で三振という結果に終わっていた
ものの、粘りに粘った打撃を見せていたということも
あり、長打さえ打たれなければええかなという感じで
延長10回表の打席を観てたので、逆にライト前ヒットで
助かったという思いがありました。

二死一塁だと余程の長打で無い限りはホームに戻ることは
出来ませんから、後は盗塁やバッテリーミスによる進塁に
気をつければ萩原がゼロに抑えられる可能性が高いです
から。

ところが、バッター藤井の場面で萩原の変化球ボールを
日高が受け止めて前に多少弾いた瞬間、佐竹が猛然と二塁へ
走塁。直後藤井が8回表に続き又もやタイムリーヒットを
放ってしまい、これが決勝点となってしまいました。

藤井の当りも決して良い当りではなかったのである意味
萩原には気の毒な結果となりました。
佐竹の走塁が無ければタイムリーにはなっていないです
から。

今日の試合は3点を先制されながらも、阿部真・大西・中村紀
三選手が効果的なツーランホームランを放ちチーム全体が勝利に
向かって大いに盛り上がったはずですから、今日の延長戦に
入っての敗戦は結構ショックが大きいのでは。

川越が5回表に磯部に逆転ツーランホームランを打たれ
なければ、清原が7回裏・10回裏の得点圏でのチャンスで
タイムリーを打っていれば
と考えると、あの佐竹の走塁は
無かったとどうしても思ってしまいます。


これから頭を冷やす意味も含めて映画でも行ってこようかと
思ってます。

続きを読む

凄いことが起きていた

勤務中携帯へ波牛軍団の今日の試合が雨天中止という
メールが入ったので、今晩スポーツニュースを観ることが
無いなと思ってたものの、結局ナイターで試合をしていた
福岡ソフトバンク対北海道日本ハム戦をテレビ観戦する
運びとなりました。

斉藤和巳と八木智哉の投げ合いで互いにゼロ行進で試合が
進んでいました。

オープン戦や先日の神戸での試合で波牛軍団が点を取れなかった
八木が頑張っているなと思ってたら、何とソフトバンク打線に
1本のヒットすら許さない投球をしていたと知りビックリ仰天。

7回・8回と進んでも八木はヒットを許さず、とうとう9回に
突入、思わずハラハラしながらテレビ観戦してました。

9回表ハム打線がチャンスを作るも点が奪えない状況に
ホークス主催試合中継でありながらも解説者の若田部氏と
実況アナンサーが「点を取らないと八木に失礼ですよ」と
まで言われるアリサマに、思わず笑ってしまいました。

八木は結局延長10回裏までノーヒットで投げぬいたものの
味方が1点すら取れなかった為に白星を手にすることは
出来ませんでした。

日本ハム新人の八木が10回無安打無失点 北海道日刊スポーツ

日本ハム八木、援護なく偉業逃す サンケイスポーツ

延長12回表に併殺崩れの間にとった1点を守りハムが
勝利したことが、大奮闘した彼に対するせめてもの
贈り物となりました。
三投手の継投によるノーヒットノーラン達成という
日本プロ野球史上初めてという出来事もセットになり
ました。

連敗を止めたハムが明日もソフトバンクに勝つと上昇気流に
乗って火曜日からの波牛軍団との東京ドーム対決に臨んで
くるわけですから、これは厄介なことになりそうです。

まずは、明日の試合選手会長にしっかり仕事をしてもらい
白星を呼び込んでもらいましょう。
ヒーロー川越








もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

連敗しないことが重要

昨日9回に力尽きて西武に敗れた翌日の試合、それも
仙台で連勝して乗り込んだ東北楽天を相手に吉井が
7回2失点に抑え先発としての仕事をしっかり果たし
白星をもたらしました。

波牛公式ページ

フェルナンデスの犠飛で初回東北楽天に先制を許しながらも
北川の逆転ツーランホームランを手始めとして打線が二桁
得点をあげたことで吉井も落ち着いて投げられたと思い
ます。

先発がしっかり仕事をしてくれると勝てるということは
波牛軍団がこれまでにあげた10勝の内先発に白星が
付いたのが9試合もあることが物語っています。

加藤・菊地原・大久保を始めとするリリーフ陣を酷使しない
ためにも先発投手陣にはなるべく長いイニングを投げて欲しい
ところなので、吉井にはこれからもフル回転の活躍を期待
します。
吉井







明日の先発は現段階で防御率ゼロの平野佳ですが、試合が
雨天中止になる公算が強そうですね。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

今日も西武に勝って欲しかった

昨日の劇的サヨナラ勝ちの勢いそのままに村松の
空振り三振振り逃げとサヨナラのヒーロー水口の
ツーランホームランで3点を先制するという展開を
作ったにもかかわらず、過去2試合好投した先発前川が
踏んばれず、且つ打線も西武先発帆足を攻めきれなかった
ことが最終的には敗戦という結果につながったのではと
思います。

波牛公式ページ

それでも、8回裏阿部真のサードフライをおかわり中村が
落球して出塁を許し、代打北川のタイムリーツーベースと
水口の犠牲フライで二点差を追いついたときには正直今日も
勝てると思ってはいました。


9回表和田に決勝勝ち越しタイムリーを打たれた大久保が
今季三度目の救援失敗で、2敗目という結果になりました。

悪い膿は今日までに全て出したと思って明日以降の登板に
臨んで欲しいと言うしかありません。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

とてつもなく大きな逆転勝利

延長12回表二死一塁の場面で菊地原がおかわり中村に
勝ち越しツーベースを打たれるという嫌な展開に。

にもかかわらず、その裏一死満塁の場面で水口が交代
したばかりの正津から逆転2点サヨナラタイムリーを
放ち、波牛軍団が西武の連勝を止めるサヨナラ勝ちを
おさめる試合結末となりました。

波牛公式ページ

水口が執念の一打 延長12回逆転サヨナラ劇 サンケイスポーツ

まずは高めの球を見事に打ち返した水口に万歳です。
水口








続きを読む

本柳どうしたのかな?

個人的に贔屓している波牛選手二人の内、早川は二軍で
ほぼレギュラーとして出場し且つ勝負強さを生かして
結果も残していることもあり、そろそろ一軍復帰かなと
大いに期待しています。
打撃練習する早川







しかし、もう一人の贔屓選手である本柳は、波牛公式
情報を見る限りですと先月18日の二軍サーパスの試合で
登板して以来出番が無く、現在どういう状況なのかが
さっぱり分からない状態です。
本柳







ケガの回復具合が芳しくないかもしれませんが、一軍で
活躍する日が来るのを信じて頑張って欲しいものです。


明日の西武戦の先発はデイビーがスライド登板する形と
なりました。

獅子の牙を抜くような投球をして西武の連勝を止めて
欲しいものです。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

半年がたとうとしている

何気に当ブログも開設してから半年が過ぎましたが、実は
実家から独立して1人暮らしを始めてからもそろそろ半年が
たとうしています。

独立前は食事・洗濯・掃除等をする必要がほとんど無かった
のが、独立したら当然自分でやらないといけないわけですから
しっかりやれるのかが心配の種でした。

その中でも特に心配だったのが食事の面です。

何せ食べることが人生の中での最大の喜びと考える人間に
とって、ほとんど調理する機会が無く料理レパトリーが
持っていないことはある意味致命傷でもありました。

それでも現在は調理本見ながら台所で調理はしています。
調理したものを食べるのは自分ですから、とりあえず
食べられるものさえ作ればいいという軽い気持ちで
やっております。

但し調理しようというヤル気があるときのみだけですが。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

ブランボーようやく打った

今日の福岡対決を2対2の同点で終えた波牛軍団で
したが、結果として貴重な同点タイムリーを放った
のはこれまで1本もヒットを打てなかったこの男
でした。

そうです、クリフブランボーです。
ブランボー







バックスクリーンを眺めるブランボー







4番ブランボー







今日は私用のためケーブルテレビでの試合観戦は2回表
終了時まででした。

ブランボーの最初の打席、未だ無安打のあせりのせいか
とにかく引っ張ろうという意識が強すぎて杉内の投球に
まるでタイミングがあわず見逃し三振。

これを観て今日もしヒットが出ないと二軍降格も現実に
なるなと思ってましたから、とにかく結果が出て一安心
です。

但し、タイムリーを放っても未だに打率1割切ってます
から明後日からの本拠地での西武・東北楽天との6連戦
でしっかり結果を残してもらわないとまだまだ安心でき
ないです。


今日先発だったセラフィニが何とか踏ん張り役目をそれ
なりに果たした後、萩原が延長12回まで投げ抜いたので
投手継投は2人で済む結果となりました。

萩原5回無失点殊勲投 勝ちに等しい引き分け サンケイスポーツ

波牛 勝ちに等しいドロー 日刊スポーツ

但し、萩原は5イニング投げましたから明後日からの
西武戦にはそうそう出せなくなりました。

となると、歌藤・金子・阿部健あたりの投手にそろそろ
実力を発揮してもらわないと困りますね。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

福岡遠征勝ち越し

先週の神戸での日本ハム戦で散々たる結果であった
川越が今日は結果を残す投球をして開幕戦以来の
白星をあげました。

波牛公式ページ

川越が粘投 7回5安打1失点 日刊スポーツ

川越の7回までの投球数が百球を超えていないです
から、制球力を存分に使えた投球ができたということ
なのでしょう。
川越紹介







ところで、8回表村松の犠牲フライで6対1になった
時点で川越から加藤大輔に投手交代したのですが
個人的には川越続投でも良かったのではと思ってます。

中村監督としては、今後の戦いを見据え相手チームに
対して優位に立っていることを示そうとする為に勝てる
確率が高い試合においては僅差でなくても加藤・菊地原
大久保の三投手を継投させる手段をとっているかもしれ
ません。
中村監督







継投については神部コーチの助言もあるでしょうから
監督の好き勝手に継投ができるとは思いませんが、昨年
酷使した感があるKKOは疲労感が原因で万が一ケガに
なる可能性もあるので、その防止の為にも今年はなるべく
彼らの登板を抑えて欲しいと思っているのですが。

先日1軍昇格させた歌藤・金子・阿部健には5点差が
付いている時点でも投げさせるのは危ない状態と判断
しているのでしょうか?

明日先発予定のセラフィニも完投タイプでないので
試合展開によってはKKOへの継投になると思います。

その前にセラフィニが責任イニングをしっかり投げるかが
問題なのですが。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

福岡初戦勝利

ここ数年は嫌な思いをさせられる試合を多く観せられた
福岡ヤフードームでの今年初めての公式戦で左腕前川の
7回途中までの粘り強い好投があって2対0の勝ち試合を
もたらしてくれました。

波牛公式ページ

前川が3年ぶりの勝利 デイリースポーツ

以前の自滅する前川の姿は全く無く、試合が進むにつれて
低めにボールを集めて5回から7回までの三イニングを
3者凡退に抑える好投を見せました。

そんな好投を続ける前川を援護する一打がガルシアによって
放たれました。

ガルシア2戦連続3号2ラン 日刊スポーツ

ソフトバンク先発高橋からヒットを放つのも苦労している
感じでゼロ行進が続き、先週に続いて今日も前川を見殺しに
する気かと思っていたところでのツーランホームランでした
のでチームに白星の流れを呼び込んでくれる最高の仕事を
してくれました。

8回裏に前川が作ったピンチをしっかりゼロに抑える好投を
してくれた菊地原も最高の仕事をしてくれました。
菊地原







そして、9回裏ツーアウトランナー無しの場面で先日屈辱を
味わった大久保が登板、ズレータからフォークで空振り三振を
奪いゲームセット。
かくして、2試合続けての完封勝利となりました。

前監督の仰木さんへの良い報告にもなる地元・博多での白星。
この勢いで、今回の福岡遠征では最低でも勝ち越しはして
もらいたいです。

なので

この方と
ヒーロー川越








この方に
セラフィニ







存分に頑張ってもらいましょう。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

先発の核ができた

今日の対千葉ロッテ戦に先発した平野佳が完封勝利を
おさめました。

波牛公式ページ

新人の平野佳が完封で2連勝 デイリースポーツ

昨日の敗戦による嫌な雰囲気を払拭しただけでなく
不安感がめぐえない波牛先発投手陣の一角を担って
くれる人材が出たというダブルのおめでたが来た感じ
です。

オープン戦で先発登板したときは結果を残せません
でしたが、公式戦に入ってからは白星をあげられるの
ですから大したものですし、正直なところ彼に先発と
してフルに頑張ってもらわないと困る投手事情ですから
内心平野佳が先発として使えるメドがついたことに安心
しました。

デイビー・吉井・平野佳らの白星を呼び込む投球を
セラフィニにも見習って欲しいものです。
勿論選手会長にもです。


打線の方も連打で千葉ロッテ先発小野を攻め立て得点を
重ね、ガルシアがスカッとさせてくれるホームランを
放ちました。

ガルシアが2号ツーラン 日刊スポーツ

ガルシア







昨日の試合では同点にされた直後の9回裏無死一塁の
場面で代打水口を送られるというクヤシイ思いをしました
から興奮のコメントを出してました。

一方、1軍にいるもう1人の助っ人ブランボーは今日も
代打出場もヒット無し。
ベンチへひきあげるブランボー






未だ無安打という二軍降格への危機的状況です。
明日からの福岡遠征で大暴れして欲しいのですが。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

勝てる試合又落とした

5対2で勝てる試合をストッパー大久保が千葉ロッテ里崎に
同点スリーランホームランを打たれたことでそれまでの
積み重ねが全て無駄と化し、おまけに10回表萩原がベニーに
勝ち越しツーランホームランを打たれて試合にも負けるという
アリサマに唖然としております。

波牛公式ページ

先発吉井の球数が少なかったにもかかわらず早目に交代
させて加藤・菊地原と継ぎ込む中村監督のやり方に疑問は
感じながらも最終回3点リードしている場面で大久保投入と
いうところまで持っていきましたが、いかんせんフォークで
空振りがとれず投球にかなり苦しんでました。

大久保が3失点 勝ちパターンの継投で逃げ切れず サンケイスポーツ

今後がとても心配な大久保です。
大久保







今日は打線が点をとられた直後に渡辺俊介からホームランで
点をとるという調子が今ひとつのロッテに痛手を与える理想的な
攻撃ができていたのに、最後にホームランで返り討ちに遭うとは
悔やんでも悔やみきれません。

明日は何が何でも平野佳で勝たないとマズイですね。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

何かが弾けた

デイビーの辛抱強い好投が報われ波牛軍団は1対0の
勝ち試合を得ることができました。

波牛公式ページ

打線は千葉ロッテ先発清水を打ち倒せず5回まで
パーフェクトに抑えられる嫌な展開の中での勝利
ですからとても大きな白星です。

唯一の打点をあげた村松はグッドジョブでした。
村松が貴重なタイムリー 日刊スポーツ

村松タイムリーのキッカケを作るチーム初安打を放った
後藤もほめておきます。
後藤






最終回二塁を守ってたことには驚きましたがね。

先日黒星が付いてしまった大久保にセープも付き
とりあえず一安心です。


さて、今日から新勤務地での業務が始まりました。
色々戸惑うことばかりで、肉体的よりも精神的に疲れて
しまいました。

そして休日調整の結果、当初行けると返事してました
佐竹台さん主催予定企画である来月6日のマリンスタジアム
波牛観戦企画への参加を断念せざるを得なくなりました。
楽しみにしていたのに・・・。

1週間前の突如とした部署内異動のせいで今年予定していた
波牛観戦の予定を大幅に変えざるを得ない様相です。

18日からの東京ドームでの北海道日本ハム対波牛軍団の
三連戦全てに出向いて憂さ晴らしでもしてこようかなと
思っている心境です。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

先日のブログでも記しましたが、昨日の勤務をもって
前職場での勤務に幕を閉じ、明日から新職場での勤務を
迎えることになりました。

真っ白の状態から人間関係を構築しなければならないと
いう不安を桜の花でも見て少しでも和らげようと思い立ち
午後から東京。千鳥ヶ淵に出かけました。

東京メトロ・九段下駅で降り地上に出てみると、平日にも
かかわらず桜見物の人達が一杯いました。

今日は風が強く桜が舞い上がり桜吹雪の状態になっていた
ので落ち着いた心で桜見物はできませんでしたが、それでも
桜の花を見ると不思議と爽快感を覚えました。
おかげで多少は心中穏やかになりました。

日本人が桜を特別の花と思う所以なのでしょうね。

さぁ、明日から新職場での勤務を頑張ります。
新職場の面々には自分が波牛ファンであることをまず理解
してもらいたいと思ってます。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

又もや裏切ったセラフィニ

今日はセラフィニの2試合続けての裏切り投球内容のせいで
一番避けなくてはいけない同一カード三連敗という最悪な
展開となりました。

波牛公式ページ

昨年のシーズン終盤、わずかな望みがあったプレーオフ進出の
可能性を無くす引導を渡した北海道日本ハムに対し、お返しと
ばかりの反撃を調子いいチーム状態の中で本拠地にてたっぷり
して欲しいと思っていたのに、勝ち越しどころか1つも勝てない
ていたらくぶりに当然大憤慨です

18日からの東京ドームでのハムとの三連戦でお返しの3タテでも
しない限り怒りがおさまりそうにありません。

今日はもう眠いのでこれまでとします。


もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング

川越炎上

今日の試合波牛軍団が、天敵である北海道日本ハム先発の
金村から初回4点を先制し、完全に試合の主導権を握れた
かと確信しました。

ところが、波牛先発川越が直後の2回表にあっさり同点に
追いつかれてしまう最悪な展開に。

続きを読む
自己紹介

神戸太郎

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。