新年度スタートとなる今日、波牛軍団は千葉ロッテと練習試合を
行いました。

足のケガで春季キャンプでの練習がほぼできなかった北川が、
今日の試合に出場して実戦復帰を果たしました。


オリ・北川、今季初実戦でタイムリー サンケイスポーツ


左足腓骨骨折と左ふくらはぎ肉離れで戦線離脱していたオリックスの北川が、対ロッテ練習試合に「5番DH」で初実戦。三回に左前適時打を放ち「ホッとしましたね」。

 後藤、T−岡田、李承ヨプと中軸に左打者が多いだけに、岡田監督の構想は、右打者の北川を5番に据えること。両アキレス腱(けん)痛も抱え「不安はある」と複雑な心中も吐露しながらも「チームの力になりたい」と12日の開幕へ急ピッチで仕上げていくつもりだ。




主軸を始めとして今年の波牛軍団は左打者が結構多いため、
右の強打者は絶対必要なところです。


カラバイヨが骨折で離脱し、バルディリスの調子がなかなか
あがらない現状では、北川の存在は大きいでしょう。

北川肩慣らし








ただ病み上がり中での実戦復帰であることは本人も認めて
いるところです。


ご無沙汰しちゃいました。 北川博敏オフィシャルブログ


慎重にも慎重を重ねたうえでの公式戦出場となるのでしょう。


こんなときこそ下山に暴れてもらわないと困るのですがね

下山ヒーローインタビュー中










一方4番打者の岡田は、4打数4安打と相変わらず好調を維持
しております。


【オリックス】履正社OBのT岡田4安打 日刊スポーツ


 オリックスT−岡田外野手(22)が1日、京セラドーム大阪で行われたロッテとの練習試合で4打数4安打の固め打ちを演じた。初回の適時二塁打を皮切りに右前、左前と渡辺俊から安打を連ね、3番手古谷からも左前打。試合前に母校履正社の4強進出を聞いて笑顔を見せていた主砲は「ここまで来たら優勝してほしい。今日はしっかりボールを見ることができました」と笑顔だった。


T―岡田、4安打「いい状態に仕上げていきたい」…オリックス 報知新聞


オリックスのT―岡田が4安打の活躍を見せた。4本のうち3本が単打で右、左と打ち分けた。巧みなバットコントロールを披露した長距離打者は「しっかりボールを見られました。ヒットの延長がホームランなんで」と充実した表情を浮かべた。

 母校の大阪・履正社高が選抜高校野球大会で4強入り。T―岡田も後輩の活躍に刺激を受けたようで「(自分も)負けずに頑張って打ちました」と笑顔だった。開幕まで1週間余り。「いい状態に仕上げていきたい」と力強かった。



右投げの渡辺俊介と左投げの古谷から逆方向へのヒットを打てた
ことに岡田本人も更なる自信を深めたことでしょう。

岡田








飛ばないボールを使用してのシーズンということで、これまで
以上にボールの見極めが重要になるでしょう。


ホームランも求められるでしょうが、試合の勝負所での確実な
打撃も求められますからね。




もしよろしかったら、1クリックおねがいします。

ランキング