昨日に続き千葉ロッテに連敗した波牛軍団に大激怒です

スコア速報 オリックス対ロッテ 日刊スポーツ


ケーブルテレビで今日の試合が中継されるということで楽しみに
してたのですが、試合後は憤慨状態でした


総じて言えることは、打線が線にならず得点を奪える気配がない
ため投手陣が悲鳴をあげ失点したというところでしょう。



先発左腕中山は6回4失点という内容ではありましたが、悪いと
いう印象は受けませんでした。

中山








球威はあり、狙った所にボールを投げられるという制球力も
見せつけました。


特にインコースを狙ってのそれは良かったです


スリーボールノーストライクからでもストライクを奪いカウントを
立て直せていました。


それだけに制球ミスで2回表ツーアウトから竹原に逆転ツーランを
浴びたのは余計でした


シーズン公式戦突入後は、この様なミスは絶対御法度ですね



2番手で登板した平野佳寿は、先頭打者を追い込みながら死球を
与えたのをキッカケに1点を献上しました。

平野佳寿投球








平野の役割は、任されたイニングは無失点に抑えることなので、
今日の投球内容には不安を感じてしまいました。


死球を与えたことをキッカケにフォームが崩れてしまったの
でしょうか。



しかし、今日最も憤慨すべきは打線でしょう


何せ初回から3イニング続けて得点圏にランナーを送りながら
今日もタイムリー欠乏症が発生


初回は李スンヨブ、3回裏はヘスマンがボール球を振り4四球の
ロッテ先発マーフィーを手助けする始末でした。


特にヘスマンの打撃にはただ引っ張るという感じで、確実性は
全く期待できないという思いを持ちました



4番岡田は2併殺、2番に入った山崎浩司は徹底した右打ちが
仇となり窮屈な打撃になる始末。

岡田






山崎浩司









敢えて収穫点があるとすれば、


9番ライトでスタメン出場の後藤駿太の捕球してからの送球が
素早かったこと

後藤駿太








これ位でしょうか。




もしよろしかったら、1クリックおねがいします。

ランキング