2週続けて左腕中山を見殺した波牛軍団貧打線に大喝以外出る
言葉はありません

スコアボード 波牛公式


スコア速報 オリックス対西武 日刊スポーツ



西武先発石井一久をKОするどころか1点すらとれず、チーム
全体で4安打しかとれないなんて異常ですよ


初回の一死2塁、3回裏の一死1・2塁の先制チャンスを作り
ながらどちらも3番後藤・4番岡田が凡退


コリアンデーにもかかわらず李スンヨブは無安打で終わるし


4回から8回までは3人ずつで片付けられるという惨状



しょんぼり渚






「ついにチーム打率が1割台になってしまいました
打線の不調は深刻さを増すばかりです。一体どうすれば
よいのでしょうか」



ストップをかける杏






「どうしてこうもチーム全員が打てなくなるのかしら

いい加減打線不振のスパイラルから脱してくれないと
イライラが増すばかりよ




打線がこんなアリサマなので、左腕中山もついに辛抱できなく
なった感があります

中山








オリ・中山、七回を反省「いま考えると…」 サンケイスポーツ


好投を続けていたオリックスの先発、中山にとって手痛い七回の失点だった。2死一、二塁から栗山に甘く入ったスライダーをとらえられて2点二塁打。「自分が抑えるんだという気持ちがあった。いま考えると四球でいいかなと…」と反省した。

 岡田監督は栗山を敬遠しての満塁策も考えていたというが、うまく伝わらなかった。六回までは粘り強く投げた中山は「全体的に低めを突いてコーナーに投げられた。あとは最後の部分ですね」と前を向いた。




ツーアウトまで奪いながら打撃不振の片岡にヒットを浴びた後
栗山に2点タイムリーを浴びたのは腹がたちますが


それにしても6回までも散々ランナーを出しながら要所で抑え
られたわけですから、文句はあまり言えません。



文句を言うなら



中山を援護できない打線







おかわり中村とフェルナンデスなんぞにホームランを浴びた
小林雅英




でしょう




これ以上ダラダラ示しても文句しか出ないので明日から大型連勝
以外許さんという意思のこもった掛声で最後しめましょう




怒りの炎メラメラの母






「不甲斐無い野手連中に警告よぉー

西武投手陣を滅多打ちできないようではこの世はオシマイ
よぉー

明日は序盤で試合を決めないと話にならないわよぉー



ふくれる心






マジカルハートも呆れる程の酷いチームにいるみんな

そろそろ本気を出してくれないとファンの人達だって怒りの
行動を起こすよ



例の有名場面での言葉






「石井一久すらKОできない愚かな皆さん

ファンの人達にフラストレーションを溜めさせてあんな惨劇
こんな惨劇を起こしてもらうつもりなのですか

ホント困った人達ですね





もしよろしかったら、1クリックおねがいします。
ランキング