今日から関東でオープン戦を戦うことになった波牛軍団。

その初戦は、神宮球場での対東京ヤクルト戦でした。


オープン戦 試合結果 波牛公式


スコア速報 ヤクルト対オリックス 日刊スポーツ



木佐貫が先発登板しましたが、4回を投げ1失点投球も四球3つ
与えるという制球面において課題を残しました。

久々の先発木佐貫








初回は先頭打者に、3回裏は二死無走者から2者連続で四球を
与えて失点だったので、印象は悪くなってしまいます。


三振を3つ奪い、内野ゴロでのアウトもそれなりに奪えたので
決して悪い状態ではなかったと思います。


あまり考えたくはないのですが、金子千尋が腕の状態如何では
開幕投手を務められない可能性もあります。


そうなると昨年開幕投手を務めた木佐貫の責任は重大なので、
首脳陣を不安にさせる投球は勘弁して欲しいのですが。



木佐貫の後2番手として岸田が登板しました。

岸田








1イニング無失点という内容でしたが、前回登板に続き2本の
ヒットを浴びました。


球種や配球がどうだったか詳細は分からないので、結果だけで
判断してはマズイかもしれません。


ただ抑えとして被安打2、それも連打で浴びるとなるとやはり
不安というものは感じざる得ません。


次回登板では被安打ゼロ無四球での無失点投球を披露して
欲しいものです。




もしよろしかったら、1クリックおねがいします

ランキング