新人山本初登板試合ということで打って勝つというのが絶対条件だったのですが、打線が大量
得点援護できず、結局白星が付いたのは来日初白星のヘルメンでした。

ゲームリポート 波牛公式

オリックス対千葉ロッテ 日刊スポーツ


今日はテレビ観戦してました。


山本プロ初勝利の瞬間を観られたらと思ったのですが、1点リードの場面で6回表から登板した
岸田が先頭角中に同点ソロを浴びてあっさりと勝ち投手の権利が無くなりました。

岸田投球










岸田の角中への初球が外角低目にガッチリ決まったので、長打はないなと思ってたところでの
2球目をライトスタンドへ打たれてしまいました


内角低目の球だったとはいえ実に勿体無かったです。


その後は3人キッチリ抑えてましたから尚更そう思わざる得ませんでした


先発した山本は5イニング中4イニングでランナーを出す苦しい投球内容となるも、ランナー抱えた
場面で5回表鈴木大地への敬遠で与えた四球以外それが無かったことが収穫でした。


5回表一死満塁の場面でペーニャの代打井口に対しカウント3-1という場面からの2球ストライクで
勝負できたことはベンチに好印象を与えたでしょう。


結果井口を併殺に仕留め5回1失点投球ですから期待に応える投球内容でした。


これで白星が付いたら更に良かったのですが。



打線はロッテ先発二木から5安打しか打てなかったものの大城・中島両名のソロと吉田正尚の
タイムリーで計3点を奪いました。


吉田正尚の一時は勝ち越しタイムリー後の3回裏二死1・3塁


5回裏四球と犠打で作った一死2塁


中島勝ち越しソロが出た7回裏ツーベースと四球で作った一死1・2塁


これらのどこかのイニングで得点奪っていたらもっと楽な展開になったでしょうし、山本にプロ初登板
初勝利の展開になったことでしょう。


そもそも上記のイニングでどこか1つでも得点奪える攻撃していたら、今頃リーグ優勝争いする順位に
いましたよ



もしよろしかったら、1クリックおねがいします

ランキング