人間ドック受診後に観戦したのですが、体に悪影響を与えるクソ試合を観る羽目になりました。

5回裏ロッテに勝ち越し許して怒ボード掲げる









ゲームレポート 波牛公式

ロッテ対オリックス 日刊スポーツ



ロッテ先発唐川は初回ボールが高めに浮かび、ストライク奪うのに苦労してた感じでした。


早々に先制点、それも2〜3点奪える感はありました。


しかし、先頭小島の右中間抜けそうな打球をライト清田が好捕。


続く大城はツーベース放つも、3番吉田正尚の一二塁間抜けそうな打球をセカンド鈴木大地が
捕球しファーストアウト、4番マレーロはライトフライで無得点。


好守備が2つあったのはツキが無かったとも言えますが、それにしても今日の唐川相手に初回
無得点に終わるというのは考えもんです


一方山田は、初回いきなり満塁のピンチを背負い犠飛で先制許すも、中村をファーストフライに
仕留め1回裏終了となるはずでした。

山田








山田投球練習










ところが、ファーストのマレーロがそれを落球しまさかの2失点目となったのです

マレーロ打席










これは正直山田には気の毒でした


山田はその後4回まで無失点投球したのですが、毎回ランナーの出塁を許しました。



一方打線は4回表小谷野ヒットの後、岡田がツーランを放ち同点。

4回表同点ツーラン放った岡田








声援に応える岡田










二死後後藤駿太がツーベース放ち、続く若月もライト前ヒット放つもライト清田が前進守備してたため
駿太は三塁でストップ。


その次の小島に1本出なかったため更なる追加点を奪えず、結果唐川に黒星つける最大のチャンスを
逸する形になりました。


そして、5回裏山田がヒットと二つの四球で一死満塁のピンチを背負い、前の2打席で抑えてた打率
1割台の猪本なんかに勝ち越しタイムリーを浴びる始末


結局山田はここで交代を告げられ先発としての最低責任イニングの5回すらもちませんでした。


空振りがとれるストレートがあるのに、変化球で思う様にストライクを奪えず、ランナー置いた場面で
四球を与えたり、痛打を浴びるパターンが目立ち過ぎます


西勇輝が戦線離脱したことで山田に先発チャンスが与えられたというのに、それを活かせない様では
いつまでたっても先発ローテはおろか1軍での登板機会も与えられませんよ


この後、7回裏リードを許してるのにヘルメンを登板させ、挙句の果てに角中なんかにツーラン浴びる
という大失態を演じる始末

ヘルメン登板










打線も貧弱ロッテ投手陣から岡田のツーラン以外得点奪えず結果2対6の負け試合を観せられる羽目に。


2010年シーズンから人間ドック観戦後に敵地千葉での試合観戦をしてるのですが、今日の負けで
通算5勝2敗1分けとなりました。

最終回突入直前のレフトスタンド











もしよろしかったら、1クリックおねがいします

ランキング