結果は10点差つく大勝も怒りどころは満載の試合でした。

ゲームリポート 波牛公式

ロッテ対オリックス 日刊スポーツ


昨日仕事で観戦に行けなかったので、今日は一昨日の負け試合のそれのリベンジとして臨みました。


今日は先発が新人山本だったので、打線が序盤で大量援護する展開にすることが絶対でした。


初回マレーロ二塁打、大城犠打処理エラーで無死1・3塁の先制の絶好チャンスを作りました。


ところが、併殺打でも先制できた場面で吉田正尚、ロメロ、小谷野があろうことか三者連続で空振り
三振に倒れ1点すら奪えない愚行をしでかしたのです


嫌な流れが山本に悪影響与えないか心配しましたが、ストレートに伸びのある山本は初回ロッテの
攻撃を3人で抑える立ち上がりを披露しまずは一安心しました。


2回表一死後中島ツーベース、西野ライト前ヒットで1・3塁のチャンスを作りました。


打席に正直打つ方に期待できない若月がたったのですが、カウント3-2からレフト前にタイムリーを
放って先制、更にマレーロもセンター前に弾き返し2点目を奪いました。


続く大城もライト前に弾き返し満塁のチャンスを作ったのですが、吉田正尚はあろうことか2-1という
打者優位のカウントでありながらセカンドゴロ併殺打を放ってこの回2点しか奪えませんでした


初回と2回表どちらもまともな攻撃してたら両イニングで計5〜6点は奪えました。


拙攻を繰り返す打線に山本のリズムが崩れないか心配しましたが、2回裏も3人で抑える投球をした
ことで試合の流れをロッテ側に渡さずに済みました。


これが3回表の4得点につながったと言っても過言ではないでしょう。


山本は5回2失点で交代となりました。


3回裏パラデスにバックスクリーンに運ばれ、4回裏はヒット・四球で出した二死1・2塁のピンチを背負い
中村にはレフト方向へ運ばれた打球が風に流され危うくホームラン又はタイムリーになるところでした。


ここはレフト岡田の必死の捕球で事無きを得たのですが、もしここで捕球できてなかったら今日の試合
更に荒れたかもしれません。


5回裏大嶺にタイムリーを浴びた後、一死1塁で脚のある荻野を迎えたのですが、ストライクを先行させ
変化球で併殺打に仕留めお役御免となりました。


これはセカンド西野とショート大城の素早いプレーで併殺に仕留められた感はありますが、そうなった
のは山本のテンポ良い投球からきたものと思われます。


6回裏ヘルメンがセンターロメロの拙い守備もあり1点を失うという大激怒の展開もありましたが、7回表
5点を追加したことで勝負がつきました。


寒い中、そして帰りの電車の時間を睨みながらの観戦となり、結局9回表終了時点で帰宅の選択をせざる
得ませんでした。


そのせいで山本のヒーローインタビューは聞けず、更にスマホで撮られたと思った写真は保存されて
なかったことが判明


今季14勝目(6敗)となる観戦だったのに不満が残る結果となりました。


次回観戦は来週水曜日故郷神戸での対福岡ソフトバンク戦です。



もしよろしかったら、1クリックおねがいします

ランキング