貴様らのアホぶりにはビンタ百億発くらわせてもまだ物足りんわ

今季&敵地千葉最終戦で怒ボード掲げる









ゲームリポート 波牛公式

ロッテ対オリックス 日刊スポーツ


9月以降生観戦4連敗中、波牛軍団も今月に入ってから一度も勝てず5連敗中


ならば今日の今季最終戦はスカッとした勝ち方をしてお詫びの意思を示すのが、プロ球団としての
最低の務めと思ってました。


ところが、中盤以降の試合展開はそんな思いを踏みにじる到底許されないアホプレーの連続でした



3回まで無失点に抑えられた先発山本が、4回裏一死後から四球・ヒットでランナーをため配球さえ
間違えなければ確実に抑えられるパラデスなんかに逆転スリーランを浴びる始末。

先発山岡










それも2球で追い込んだというのに低目に落とさないといけないフォークボールが真ん中に入って
一発を喰らうなんてとんでもないミスですよ


その後、田村にもヒットを浴び、更に1つアウトを奪った後加藤翔平にもツーストライクノーボールの
カウントからツーベースを浴び、挙句の果てに荻野にも2点タイムリーを浴びる始末


チーム打率が2割3分台のチームに連打を喰らうなんてチャンチャラおかしいですし、山本だけでなく
若月の配球にも疑問符が付きます


投手陣がダメなら野手陣もまるでダメダメ


ロッテより1本多い9安打放ちながら奪えた得点は2回表二死3塁からの岡崎タイムリーによる1点のみ。

声援に応える岡崎










4番に入った小谷野は3打数無安打、1つは5点差をつけけられた6回表無死1・2という反撃の狼煙を
あげることが絶対だったイニングで併殺打を打つ始末。


更に今季大躍進が義務付けられた後藤駿太は4打数無安打、内3度はランナーがいる場面で三振と
フライを打ち上げて何1つつなぐという役割を果たせない情けなさ

後藤駿太打席










ホームランを期待された1番打者岡田も4打数無安打とこちらもまるで話にならない始末

岡田だ関










チームをひっぱる責務がある両名がこんなアリサマでは勝てる試合も落とすし、いつまでたっても
リーグ優勝も日本一奪還もできるはずがありません。



試合後今季最終戦ということで選手及び首脳陣全員が挨拶に来ました。

試合後出てきた選手達








整列した選手達








挨拶する選手達










周りが拍手と激励の言葉をかけてる中、自分は


「明日から地獄へ落ちて練習しろぉー


貴様らに安息の時間なんかないわぁー



と罵声を飛ばしてスタジアムを後にしました。


今季の観戦成績は25試合14勝11敗、勝率.560に終わりました。


観戦5連敗のまま終了なんて後味悪過ぎますし、何より明日からの仕事に意欲なんか持てるはずが
ありません



もしよろしかったら、1クリックおねがいします

ランキング