北方領土の国後島沖で羅臼漁協(北海道羅臼町)所属の漁船2隻がロシア国境警備隊の銃撃を受けた問題で、第1管区海上保安本部(小樽市)は3日、新たに第58孝丸で1カ所、第63清美丸で7カ所の計8カ所の弾痕と見られる損傷を確認したと発表した。損傷は2隻合わせて28カ所になった。 

【関連ニュース】
漁船情報の空白4時間半=銃撃時の位置特定できず-1管
漁船位置情報に空白=銃撃時間帯に数時間
ロシア外務省に厳重抗議=漁船銃撃
船体前方に弾痕集中=銃撃受けた漁船2隻-1管
ロシア警備隊ヘリが銃撃=国後島沖の漁船2隻に

自己判断で2割がタミフル服用中止(産経新聞)
黒澤明財団への寄付金、3億8800万円不明(読売新聞)
タクシー会社が「花粉症通院休暇」導入へ(医療介護CBニュース)
<寛仁さま>不整脈のため再入院(毎日新聞)
普天間移設「法的措置も」 官房長官(産経新聞)