公訴時効が成立した警察庁長官銃撃事件をめぐり、警視庁が「オウム真理教の信者グループが関与した組織的テロ」と特定する捜査結果をホームページ上で公表していることについて、日弁連の宇都宮健児会長は27日、「憲法や『無罪の推定』の原則に明らかに反する」として、中止を求める声明を発表した。
 声明は「検察で起訴さえされなかった事件で、このような公表を行うことは決して許されない」と警視庁を批判している。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
松本死刑囚への崇拝継続=09年オウム活動状況
都公安委に苦情申し出=長官銃撃の警視庁発表で
長官銃撃事件の検証開始=問題点洗い出しへ

明石歩道橋事故、過失受け入れぬまま元副署長 強制起訴(産経新聞)
留置場から携帯で通話=署員気付かず、少年持ち込む? -三重県警(時事通信)
脱線事故5年 石橋位子さん「本当に大変な日々でした」(産経新聞)
自閉症治療にホルモン有効=長期投与で初確認-金沢大など(時事通信)
首相動静(4月24日)(時事通信)