小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐる政治資金規正法違反事件で、同会が15年以上前から、6件の不動産購入時に、預金を担保とした不可解な融資を金融機関から受けていたことが16日、関係者の話で分かった。
 東京地検特捜部は、事件での預金担保融資は、裏金による土地購入を隠す偽装工作だったと判断。衆院議員石川知裕容疑者(36)ら担当者が交代する中、長年同じ手法が繰り返されていることから、同会代表者の小沢氏が当初から「偽装」にかかわっていた可能性があるとみているもようだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

パトカーが民家の塀に衝突=警部補「考え事していた」-警視庁(時事通信)
石川知裕議員が出頭、取り調べ…東京地検特捜部(読売新聞)
<川端文科相>団体が無償事務所費計上(毎日新聞)
トキ、本州側に飛来=2次放鳥では2羽目-新潟(時事通信)
62歳男性、縛られ4日以上放置 25万円など盗まれる 群馬(産経新聞)