27日午前7時半ごろから同10時ごろまでの間、JR福知山線で、宝塚駅(兵庫県宝塚市)に到着前にATS(自動列車停止装置)が誤作動し、列車に非常ブレーキがかかるトラブルが7回発生した。車両に異常がなかったためいずれも運転を再開した。

 JR西日本によると、ダイヤが混雑し、列車同士の間隔を調節するため赤信号で一時停止した後、青信号で発車した直後にATSが作動したという。JRが原因を調べている。

 一連のトラブルで同線や片町線などで6本が運休し、27本に最大32分の遅れが生じ、約1万9000人に影響した。問題のATSは福知山線脱線事故後の05年に設置されていた。【平川雅恵】

【関連ニュース】
東京メトロ:有楽町線で火花 一時運転見合わせ
鉄道事故:男子高校生はねられ死亡 千葉のJR成田線踏切
踏切事故:特急が軽乗用車と衝突 男性1人死亡 青森
鉄道事故:特急と軽自動車が衝突し1人死亡 JR奥羽線
JR根室線事故:人為的ミス原因か 負傷12人に

2次補正を可決=衆院予算委(時事通信)
<幻の大豆>「借金なし」秩父で復活(毎日新聞)
オバマ大統領の訪問実現へ努力=米国での面会を受け-秋葉広島市長(時事通信)
米大使が中国、北の軍事的脅威を強調 (産経新聞)
自民3議員が鳩山邦夫氏の党政倫審開催を要求(産経新聞)