外国為替証拠金取引(FX)での運用をうたって出資金を集め、一部をだまし取ったとして詐欺と金融商品取引法違反(無登録営業)の罪に問われた投資会社「アライド」元代表社員熊谷(旧姓杉本)淑枝被告(38)に対し、大阪地裁は23日、懲役2年3月、罰金200万円(求刑懲役4年、罰金200万円)の実刑判決を言い渡した。
 安永健次裁判官は「FXの十分な知識がない被害者を言葉巧みにだました上、居所を転々として会社の資産を使い果たした責任は重い」と述べた。 

異端児・河野氏「頑張れ国母」 服装問題、自民内で賛否(産経新聞)
鴻巣市移動支局 開設 「びっくりひな祭り」に合わせ(毎日新聞)
<無免許運転>高浜市議に2年を求刑 名古屋地裁支部初公判(毎日新聞)
未承認薬12品目の開発に国費投入へ―厚労省検討会議(医療介護CBニュース)
<五輪フィギュア>高橋選手の母校で後輩ら応援 岡山(毎日新聞)