ダイレクトメール(DM)などの配送手数料名目で佐川急便から代金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は7日、元同社千代田店営業課係長、熊谷司容疑者(49)=横浜市南区別所4=を詐欺容疑で逮捕した。同課によると、だまし取った金額は1億6000万円にのぼるという。

 逮捕容疑は、同係長としてDMなどの発送業務の発注を担当していた07年10月~08年10月、下請け業者に依頼し、自分が実質経営する物流会社(東京都大田区)に配送業務を孫請けさせて、本来なら必要のない代金約1100万円を佐川急便に支払わせて、だまし取ったとしている。熊谷容疑者は「自分がやったことに間違いはない」と容疑を認めている。

 同課によると、熊谷容疑者は08年12月に同社の内部調査で、不正が発覚。09年2月に懲戒解雇された。【川崎桂吾】

【関連ニュース】
バルチックカレー:運営会社に賠償命令 資金詐取を認定
内職教材商法:詐欺容疑で元社長ら逮捕 千葉県警
サイバー犯罪:9年連続で最多を更新 警察庁09年まとめ
警察庁:安藤長官が3月訪韓
詐欺容疑:国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山

船形山遭難 「判断に甘さあった」救助された男性(毎日新聞)
「最低保障年金」を柱、参院選向け新制度議論(読売新聞)
当て逃げ事故で3人死傷=逃走の男、パトカー盗み逮捕-栃木県警(時事通信)
5歳餓死、虐待発覚恐れ祖父母に3年会わせず(読売新聞)
架空取引で佐川急便から詐取 計1億6千万円か(産経新聞)