枝野幸男行政刷新担当相は9日、さいたま市で講演し、2011年度予算案に関連し、「税収が落ち込んでいるプロセスでは、支出増の部分にブレーキをかけるのは当然だ。そういう方向で、来年度予算や中期的な財政の計画を立てる」と述べ、税収が回復するまでは衆院選マニフェスト(政権公約)に盛り込んだ主要政策の計上を抑制するべきだとの考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

<男性遺体>死因は脳の損傷 事故の可能性も…愛知・半田(毎日新聞)
70代夫婦が綴る 心豊かな食卓風景 岡西克明さん・松子さんブログ(産経新聞)
<エビスザメ>気性は荒いがユーモラスな顔 大阪で展示(毎日新聞)
<訃報>神戸守一さん86歳=およげ!たいやきくんのモデル(毎日新聞)
小沢氏「百万、千万の味方を得たような気持ち」 谷氏出馬表明(産経新聞)