自転車違反警告の件数を水増しして報告したとして、埼玉県警は24日、大宮西署地域課の27歳と25歳の男性巡査2人を本部長注意の処分にしたと発表した。
 県警監察官室によると、自転車の無灯火や2人乗りなどを発見した際、「自転車警告カード」を違反者に交付しているが、男性巡査2人は昨年12月29~30日、駐輪中の自転車登録番号から知った所有者にもカードを渡したように業務報告書を偽造し、提出した。それぞれ20件以上水増ししたという。
 同署は同月中に50件以上のカード交付を目標としており、2人とも「目標を達成して上司にほめられたかった」などと話しているという。 

足利事件再審 判決要旨(4)(産経新聞)
<新種の人類>4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)
グーグル、中国本土から香港に「撤退」 さらなる対立も(産経新聞)
被虐待児童の扱い、議論まとまらず―臓器移植作業班(医療介護CBニュース)
サクラ 花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)