札幌市で3月に起きたグループホーム火災を受け、厚生労働省などが全国の認知症高齢者向けグループホームのスプリンクラー設置状況を調査したところ、約6割が未設置と分かった。09年4月の改正消防法施行令改正で11年度末までの設置が義務付けられた延べ面積275平方メートル以上の施設でも、未設置が約54%に及んだ。

 全国の施設約1万事業所のうち、3月現在で9950事業所が調査に回答。延べ面積275平方メートル以上の施設で約46%がスプリンクラーを設置、275平方メートル未満の施設では設置は約13%だった。

 厚労省によるスプリンクラーの補助対象は、原則として延べ面積275平方メートル以上の施設で、火災報知機は対象外。長妻昭厚労相は23日の閣議後会見で、対象外の施設や火災報知機なども補助対象にすることを検討すると明らかにした。【野倉恵】

【関連ニュース】
たまゆら火災:住民らも犠牲者を悼む 群馬で一周忌法要
たまゆら火災:発生から1年 高齢貧困層の現実変わらず
札幌のグループホーム火災:火災から1カ月 小規模ゆえ、利点と弊害
札幌のグループホーム火災:発生から1カ月 「孤独」隠し笑顔

首相、徳之島1万5千人集会は「一つの民意」(読売新聞)
山崎飛行士 優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「深谷シネマ」造り酒屋跡に移転 名誉館長・大林監督迎え開館 埼玉(毎日新聞)
<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)
コンビニトイレに乳児遺体=札幌(時事通信)