2007年01月12日

秋山対桜庭

まさか…


まさか…


と言えるような発表ですね


秋山失格プラスファイトマネー没収ですか


FEGのことなのでこのまま曖昧なまま終わるのかと思いましたが、こういう裁定を下したということには少し評価したいです


ただ今回は乾燥を防ぐためのクリームを使用していて、使用してはいけないと思っていなかったらしいので「過失」ということらしいです


はっきり言って過失はありえないでしょう、足にクリームを塗りこんで汗をかくとめちゃくちゃ滑るらしいです、そのことを含め秋山が知らなかったと言うのはありえないと私は認識しています


故意であることは明らかです


そしてこのまま秋山が試合に出続けるなんてこともありえないことです


思えば試合直後の清原の表情を見るとあまり喜んでいませんでした、秋山の体をチラッと見る光景は忘れられません、清原が知っていたかどうかは分かりませんが、VTRを撮った人は見直してみてください


少し話しは変わりますがこのことによって、私の中でレフリーや関係者に対してかなり疑惑が芽生えました


前のブログにも書きましたが、ボディチェックをきっちりしなかったこととか、怪しいと思っても必然的だと思います


また桜庭のセコンドも機能していなかったと言えるでしょう、あの場で強く抗議しなければならなかったはずなのに素人の下柳を入れていたわけですから、あと一人別なセコンドを入れていれば秋山がドウギを脱いだ後にボディチェックをしていないことを指摘できた可能性は多少高まるでしょう


はっきり言ってだらしないですね、先輩や師匠の立場である桜庭があれだけ言っていたらセコンドの人達は桜庭を信じあの場で強く抗議すべきでした


最後に秋山の勝利に涙していた秋山のお母さんが、かわいそうすぎます


秋山のことを信じていたでしょう、これがこんな結果ですもんね


お母さんは相当なショックでしょう


お母さんには何て話すんでしょう


秋山さん、あなたがやったことは大きな罪なんですよ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星