A6ニュースTOP

A6サイズのニュースを紹介。

裁判

NHK「受信料の公平負担の徹底を図ります」 〜NHKの受信料支払い拒否 初の財産差し押さえの強制執行

1 :有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2010/09/03(金) 18:45:45 ID:???0
nhk NHKは3日、受信契約を結びながら支払いを拒否していた東京都内の1人に対し、7月9日に財産を差し押さえる強制執行を行い、受信料の一部を回収したと発表した。
受信料回収をめぐり、NHKが強制執行に踏み切るのは初めて。
この視聴者は執行途中の3日に残額を支払い、回収は終了したという。

NHKは5月26日、この視聴者を含む計5人への強制執行手続きの申立書を、5人の居住の地方裁判所に発送。
その後、7月2日までに4人が支払いに応じていた。

この視聴者の請求額や、強制執行の具体的内容については、個人情報にあたるため答えられないとしている。

NHKは「やむを得ないと判断した場合は、支払督促制度と強制執行手続きを活用し、受信料の公平負担の徹底を図ります」とコメントしている。【長沢晴美】

記事引用元:毎日jp(毎日新聞 2010年9月3日 18時20分)
http://mainichi.jp/enta/art/news/20100904k0000m040014000c.html

以下2ちゃんねるの反応↓

「残高ゼロ」のはずが300万円→男性、全額引き出して使う→入力ミスに気づいたみずほ銀行、返還求め提訴

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2010/07/13(火) 17:05:38 ID:???0
mizohobank★「残高ゼロ」のはずが300万円  みずほ銀入力ミス、返還求め提訴

・みずほ銀行京都支店(京都市)が顧客の預金150万円を払い戻す際に「入金」として処理し、口座に誤った残高を記録するミスがあったことが12日、わかった。
顧客は直後に全額引き出しており、同行は不当利得として、返還を求める訴えを京都地裁に起こした。

 銀行側は「めったにないことで、訴訟は避けたかったが、客が返還に応じてくれなかった」と“苦肉の策”を強調している。

 提訴は6月21日付。訴状によると、顧客の男性は2007年4月、京都支店の窓口で150万円の預金を引き出した。
その際、担当者が誤って同額を「入金」として処理したため、本来ゼロとなるはずの残高が300万円と記録された。男性は同じ日に別の支店で引き出した。

 銀行側がミスに気付き、返還を求めたが、男性は「お金は手元にない」と答えたという。

 http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100712/fnc1007122316019-n1.htm

以下2ちゃんねるの反応↓

葬儀場の出棺が家から見えても「我慢すべき」 住民側が逆転敗訴…最高裁

1 :道民雑誌('A`) φ ★:2010/06/29(火) 16:51:15 ID:???0
sougiba  葬儀場の出棺見えても「我慢すべき」 住民側が逆転敗訴

  京都府宇治市の葬儀場そばの住民が「葬儀や出棺の様子が家の中から見え、平穏な生活を送る権利が害される」として葬儀場の目隠しフェンスのかさ上げと慰謝料を求めた訴訟の上告審判決が29日、あった。
 最高裁第三小法廷(堀籠幸男裁判長、退官により那須弘平裁判官が代読)は「主観的な不快感にとどまり、我慢すべき限度を超えているとはいえない」と述べ、改めて住民側の請求をすべて退ける判決を言い渡した。

  フェンスのかさ上げを認めた二審・大阪高裁判決を破棄し、住民側の逆転敗訴が確定した。

  葬儀場は建築、営業に違法性はなく、周辺に高さ1.8メートルのフェンスも設置していた。
  しかし、住民側は「2階から場内が見え、常に緊張とストレスを強いられる」として、フェンスをさらに1.5メートル高くするよう求めていた。

  第三小法廷は、幅約15メートルの道に隔てられている▽見えるのは家の2階からだけ
  ▽葬儀などは月20回程度で出棺はごく短時間
??などの理由を挙げ、住民側が我慢すべきだと判断した。

  2008年9月の一審・京都地裁判決は「遺体が納められたひつぎの出入りが見えるのは限度を超える」と指摘。
  2階からも見えないよう1.2メートルのかさ上げと20万円の賠償を命じ、大阪高裁もこれを支持した。(延与光貞)

朝日新聞 2010年6月29日14時0分
http://www.asahi.com/national/update/0629/TKY201006290228.html

以下2ちゃんねるの反応↓

”在日特権を許さない市民の会”が今後街宣活動をするなら1日あたり100万支払え-朝鮮学校が申し立て

1 :出世ウホφ ★:2010/04/01(木) 16:08:04 ID:???0
zainichi-l
京都市南区の京都朝鮮第一初級学校で「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などが民族差別発言をしたとされる問題で、学校周辺で誹謗(ひぼう)中傷を伴う街宣活動を禁じた仮処分決定に在特会などが違反したとして、同校は31日、今後違反行為があれば、1日当たり100万円を支払うよう求める申し立てを京都地裁に起こした。

申し立てによると、在特会などは3月28日午後3時〜5時ごろ、学校周辺で拡声器を使って差別発言をしたとしている。
学校側が3月19日、仮処分を申し立て、地裁が24日に仮処分決定をしていた。

街宣禁止違反なら1日100万支払いを 朝鮮学校が申し立て
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100401000036&genre=C4&area=K00

以下2ちゃんねるの反応↓

ラッド首相「日本が調査捕鯨をやめないのなら、11月までに国際司法裁判所に提訴する」

1 :出世ウホφ ★:2010/02/19(金) 10:46:45 ID:???0
hatoyama35【シドニー時事】オーストラリアのラッド首相は19日のテレビ番組で、南極海での日本の調査捕鯨を外交的な話し合いでやめさせることができなければ、次の捕鯨シーズンが始まる今年11月までに国際司法裁判所に提訴する考えを明らかにした。
同首相が具体的な期限に言及したのは初めて。 

2月19日9時5分配信 時事通信 11月までに国際法廷提訴も=日本の調査捕鯨で豪首相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100219-00000049-jij-int

以下2ちゃんねるの反応↓

裁判所が却下した名前「玻南(はな)ちゃん」、命名に賛成9割 両親が行った一般アンケートで

1 :おっおにぎりがほしいんだなφ ★:2009/11/16(月) 16:37:31 ID:???0
nagoyakousai 「玻南(はな)」と命名した次女(生後11か月)の出生届を巡り、「玻」の文字が「常用平易とは認められない」とした名古屋高裁の判断を不服として、最高裁に抗告した名古屋市東区の矢藤仁さん(40)、清恵さん(39)夫妻が、アンケートで一般から意見を求めたところ、400通近い回答が寄せられた。

有効回答(11〜81歳の男女)のうち、
〈1〉使用は「いいと思う」が9割、「思わない」が1割
〈2〉「常用平易な漢字と思う」が7割、「思わない」が2割だった。
20日まで回答を求め、集計結果を抗告理由書とともに最高裁に提出する。

容認派には、「読みが想像できる」「パソコンや携帯電話で変換できる」という理由が多かった。
「無意味な当て字ではない」「水晶の意味で、倫理的問題がない」など、意味を重視する指摘も目立った。

一方、反対派からは「法律には従うべきだ」「願いはわかるが、無戸籍にするべきではない」という意見が多かった。
電話オペレーターの女性からは「仕事上、なぜ読めない名前を付けるのか疑問に思う」という声も寄せられた。

矢藤さん夫妻は「漢字の持つ意味や読みやすさを重視する意見が多かった。無戸籍であることは苦しいが、家族で考え抜いた名前を贈りたい」と話している。


ソース:読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091116-OYT1T00178.htm

娘の名前「玻南(はな)」が受理されず、両親が最高裁に特別抗告へ 痛いニュース(ノ∀`)

以下2ちゃんねるの反応↓

「飲酒運転で懲戒免職…重すぎ!」と訴えた教師、勝訴→福岡高裁「公務員にとって懲戒免職は死刑宣告。重すぎ」の1審判決支持

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2009/08/05(水) 18:30:37 ID:???0
fukuoka_kousai ★飲酒運転→懲戒免職は重すぎ…福岡高裁判決

・飲酒運転をしたとして懲戒免職になった佐賀県立高校の元教諭の男性(39)が「処分が重すぎる」と して県に処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が5日、福岡高裁であった。
 森野俊彦裁判長は、処分を取り消した1審・佐賀地裁判決を支持し、県側の控訴を棄却した。

 昨年12月の1審判決によると、元教諭は2006年7月13日夜、佐賀市内で開かれた学校関連の会合で飲酒し、さらに2次会のスナックでも飲んだ。その後、車の中で約30分間仮眠して、14日未明に車で帰宅した。

 元教諭は14日朝、通報を受けた佐賀県警から呼び出され、運転から約8時間後に飲酒検知した結果、道路交通法の酒気帯び運転の基準値(呼気1リットル中0・15ミリ・グラム)以下の0・07ミリ・グラムのアルコール分が検出された。

 元教諭は県警や県教委に「ビール大瓶2本や日本酒1合、ウイスキー水割り1・5杯を飲んだ」と申告。
 県教委は同月20日付で懲戒免職にした。

 1審判決は飲酒運転について、「飲酒量は元教諭の記憶に基づく推定で、運転時に酒気帯び運転の基準を超えるアルコール分だったと認められない」と指摘。「懲戒免職は公務員にとって死刑宣告に 等しい。処分は重きに失し、社会通念上著しく妥当性を欠く」として処分を取り消した。
 県側は判決を不服として控訴していた。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090805-00000557-yom-soci
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090805-OYT1T00747.htm別ソース

以下2ちゃんねるの反応↓

ブログパーツ
記事検索
最近のコメント
お知らせ
ご意見・相互リンクなどは、
このサイトについて
を参考にお願いします。

TOP絵募集中!

密かにTwitterはじめてます。
たまにしかつぶやきませんが、
フォローしてくださると幸いです。
ブログランキング乙


Banner001
リンク集
  • ライブドアブログ