感じたまま

日々感じたこと。 外歩きや、見学をしたことを記録しています。

今日の読売新聞朝刊に死亡記事が出ていました。

 
記事

「月光仮面は誰でしょう」などのテレビ主題歌を手がけた作曲家の小川寛興(おがわ・ひろおき)さんが19日、多発性脳梗塞こうそくで死去した。

 92歳だった。告別式は24日午前10時、東京都品川区西五反田5の32の20桐ヶ谷斎場。喪主は長女、真智子(まちこ)さん。

 作曲家の服部良一さんに師事。「おはなはん」「隠密剣士」「仮面の忍者 赤影」など多くのテレビドラマの主題歌やテーマ音楽を作曲した。倍賞千恵子さんが歌った「さよならはダンスの後に」で、1965年の日本レコード大賞作曲賞を受賞。「パンのマーチ」など童謡も手がけた。

月光仮面、今も子供に人気のある、仮面ライダーシリーズ・戦隊シリーズ
何とかレンジャーのは始まりは此の月光仮面ですね。

月光仮面の歌
原作の川内康則さんが月光菩薩からこの名を思いついたといいます。
曲もいいけど歌詞が実にいい。
悪人をやっつけるのではなく、悪事をやめるよう諭すのを信条としている。
だから2番の歌詞にあるように、不幸な人に寄り添い愛をもって慰める


もう一つ懐かしい歌、おはなはん。
NHK連続テレビ小説の第6作である。
1966年(昭和41年)4月4日から翌1967(昭和42年)年4月1日に
かけて
1年間放送された。
大げさに言えば日本中がこのドラマ見ていたんじゃないかな。
  

更には懐かしい「隠密検視」「さよならはダンスの後に」
昭和は遠くなりましたね。
その後の平成も間もなく終わりそうですね、新しい年号は
どんな年号なのでしょうか。

懐かしいね、

読むたびに、なるほど、ほろり、何を馬鹿な・・・
楽しく読ませていただいている読売新聞の人生案内、
最近こんなことが出ていました、大日向雅美先生の解答が
とても感じ入りました、全文掲載します。


 40代の主婦。初対面の女性に、「子ども、産みなさい」とデリカシーのないことを言われ、傷つきました。2人目の子どもに恵まれず、不妊治療をするなど苦しんでいて、やっと落ちついてきたところだったのです。

 義父の法要の日のことです。その女性は、夫が子どもの頃、ご近所さんだったらしく、義父によくしてもらったからと、法要に来てくださいました。
感じのいい方だと思いました。

 法要が終わった後、女性は私に仕事をしているのかを尋ねてきました。
専業主婦だと答えると、「子ども、産みなさい」と言ってきたのです。

 私はびっくりして言葉が出ませんでした。夫は「気にするな」と言ってくれます。
しかし、なぜ初対面の人にそんなことを言われないといけないのか、悲しく悔しく腹立たしい気持ちになり、泣けてきます。

 子ども1人で専業主婦はダメなんでしょうか。

(大阪・U子)

     ◇

 2人目の不妊治療に苦しむ中で投げられた言葉に、あなたがどんなに傷ついたことかと胸が痛みます。

 ただ、ご相談を拝見して一つ気になることがあります。最後に「子ども1人で専業主婦はダメなんでしょうか」と書いておられることです。回答者の私からどのような言葉を期待しておられるのかと、ふと疑問が湧きました。

 傷つく必要がないと頭でわかっていても、私たちは人との交流の中で悲しい思いをすることが多々ありますね。でも、だからといって、その都度、人に慰めの言葉を期待するとしたら、それは他人に言われたことを、ご自分の考えより尊重しているのと同じではないでしょうか?

 大切なことは、他人がどう思い、何を言うかではありません。自分自身が納得して生きているかどうか、そのために目の前の課題に日々、どれだけ向き合い、誠実に努力をしているかではないかと思います。

 最後に、ご質問への私の答えを申しますね。あなたは、つらいことを乗り越えながら、お子さんを大切に育て、一生懸命、日々の暮らしを営んでおられます。どうか自信をもってください。

 大日向雅美(大学教授)

先生の解答の中で

・・・・・傷つく必要がないと頭でわかっていても、私たちは人との交流の中で悲しい思いをすることが多々ありますね。
でも、だからといって、その都度、人に慰めの言葉を期待するとしたら、それは他人に言われたことを、ご自分の考えより尊重しているのと同じではないでしょうか?
大切なことは、他人がどう思い、何を言うかではありません。自分自身が納得して生きているかどうか、そのために目の前の課題に日々、どれだけ向き合い、誠実に努力をしているかではないかと思います。
私たちは、ともすれば人の言葉に惑わされがちです。
自分で考えで日々過ごしていきたいと思います。



この時期綺麗に咲く百日紅。
R-P7251175

植物多様性センター二回目です。


今にも咲きそうな竜胆。
リンドウはリュウのキモと書くのですね。
R-P7130598桔梗

こちらは満開。
R-P7130599桔梗

河原撫子。
R-P7130600河原撫子

野カンゾウ。
R-P7130606野カンゾウ

レンゲショウマ。
一輪だけ咲いていました。
R-P7130609レンゲショウマ

よつばヒヨドリ(四葉鵯)
キク科の多年草。
深山に生え、高さ約1メートル。全体にヒヨドリバナに似るが、
葉が3~5枚輪生する。
7~9月、淡紫色の小花が多数密集して咲く。
R-P7130610よつやヒヨドリ

紅羊歯
裏面につく胞子嚢(ほうしのう)が若いときには赤い。
R-P7130611紅羊歯

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)

高さは2m前後に達する。茎は無毛で赤く、根は太く長い。葉は大きく、
秋になると紅葉する。

6月から9月にかけて白色ないし薄紅色の花からなる花穂を枝先に付け、
夏季に扁平な果実を付けた後に初秋に黒く熟す。熟した果実は柔らかく、
潰すと赤紫色の果汁が出る。この果汁は強い染料で、
衣服や皮膚に付くとなかなか落ちない。
ヨウシュヤマゴボウは有毒植物で、全体にわたってがあり、果実も有毒である。
毒性は、根>葉>果実の順であるが、果実中の種子は毒性が高い。
ブルーベリーと間違って果実を誤食する事故もあり、注意が必要である。
R-P7130613ヨウシュヤマゴボウ

伊豆諸島の砂礫地帯を模してある。
R-P7130621

ヤマユリ。
このように花弁に黄色い筋と黒い斑点がある。
ヤマユリの変わりものには様々な呼び名がつけられていて、花被片の中央に
太い赤色があるものを「紅筋」、斑点が少ない純白の花を「白黄」、
花被片の斑点が黄色のものを「白星」という。
風貌が豪華で華麗であることから、「ユリの王様」と呼ばれる。
R-P7130625ヤマユリ黒い斑点があり

ヒメコウゾ(姫楮)の実。
クワ科の木だけあってクワの実に少し似た果実をつけます
中国から楮(コウゾ)が渡来するまでは和紙の大事な原料の一つでした
因みにコウゾはこのヒメコウゾとクワ科コウゾ属の「梶の木(カジノキ)」の
交配種だそうです。
R-P7130626ヒメコウゾ

アシタバ(明日葉)
日本原産で、房総半島から紀伊半島と伊豆諸島の太平洋岸に自生する。
伊豆諸島・伊豆半島・三浦半島および房総半島の個体は、
古くから自
生している個体である。
葉と茎を食用にする。味に独特のクセがあるため、天ぷらやバター炒め、
おひたし、マヨネーズ和え等、多少クセを抑える調理法がとられる。
特に伊豆大島では、アシタバを椿油で揚げた天ぷらが名
物料理になっている。
R-P7130628明日葉

ガクアジサイの受精した花。
白色の萼(がく)からなる装飾花に囲まれて、
中央に多数小さい両性花がありま、すでに受粉して装飾花は
役目を終えて下向きになっています。

R-P7130631受粉した後のガクアジサイ

これは中央の花が受粉していないために装飾花は目立つように
上向きになっています。
R-P7130632

伊豆諸島の海岸の岩地エリアを模しています。
R-P7130639

磯菊。

多年草で地下茎を出して株立ちになる。葉は楕円形から倒楕円形で、
大きく丸い鋸歯が入る。
葉は厚く、表は緑色だが、裏側は白い毛が密生する。
花期は10~11月頃、多数の頭花を散房状につける。
花は筒状花のみで舌状花はない。つまり外側に花びら状の花が並ばない。

千葉県 - 静岡県、伊豆諸島の海岸に自生するが、各地で栽培されている。
R-P7130643イソギク

こんな花ですこの写真はWEBからお借りしました。
img_0[1]

浜撫子。
花期は6-11月で、茎の頂上に密に着き、花弁は紅紫色で長さ6~7mmの倒3角形。
栽培にあたっては、自生地が砂地であるため排水の不良な土壌は不向きとなる。
また低温に弱い。
R-P7130646浜撫子

マヤラン(摩耶蘭)
まだ咲いていません。
何の根拠もないことを例えて「根も葉もない」と言いますが、
マヤランには本当に根も葉もないのです。 
普段は地下茎が地面に潜っているだけで、花の時期だけ地上に花茎を伸し、
花を咲かせます。 

 

葉が無いので光合成の能力はありません(花茎には葉緑素があるようです)。
栄養分は地下茎の中にいる菌類からもらっている菌従属栄養植物です。 
菌類といっても範囲が広いですが、その中の担子菌、つまりキノコの仲間で、
DNA解析でベニタケ科、イボタケ科、シロキクラゲ科などの菌であることが
確認されています。

 

これらの菌類は特定の樹木の根としか共生できません。 
ということは、マヤランもこれら菌が好きな樹木がないと生きられないと
いうことです。

R-P7130652

このキノコから栄養をもらっているのかな。
先生このキノコかどうか良く解かりませんと言っていました。
R-P7130654

これもマヤランですが少し開花しています。
手前の4本の黒い茎状のものは昨年のマヤランの残骸です。
実際マヤランを抜いてみますと根が無かったと言っていました。
本当に根も葉もなくて花が咲くのですね。
R-P7130655マヤラン

大木に蔦が辛い付いていました。
どうやって絡みつくのか聞きましたら、小さな吸盤があるのが
見えますか、此の吸盤で寄生している木の幹に吸い付いているそうです。
栄養分は取っていないということです。
R-P7130662蔦の吸盤

自己選定した木の枝。
これも初めて聞きましたが木は自分で「此の枝は日当たりが悪く役に立たない」と
判断すると自分で枝を落とすそうです。
このように枝の根元が丸くなった枝は自己選定で落とした枝です。
R-P7130666自己剪定した枝

ガクアジサイ。
未だ頑張っていました。
R-P7130669山アジサイ

深大寺の仏像が国宝に指定されたそうです。

国の文化審議会で国宝指定を答申された深大寺(調布市深大寺元町)の
「銅造(どうぞう)釈迦如来倚像(いぞう)」は、
7世紀後半の白鳳時代に鋳造されたとみられ、「深大寺白鳳仏」とも呼ばれる。
国宝指定の仏像では「鎌倉大仏」として知られる高徳院(神奈川県鎌倉市)
の阿弥陀如来像より500年以上古い関東最古のもので、
都内では大倉集古館(港区虎ノ門)所蔵の「普賢菩薩騎象像」に続く2体目となる。
R-P7130671

植物多様性センター二回目終わります。
今回植物多様性ということでご説明していただきましたが
一口に言えば「いろいろな種類や傾向のものがあること。変化に富むこと」
と云う事、
多様性の
多はまとまり 様は振る舞い 性は生き物ということだそうですが、
その生物多様性が崩れてきていて、そのために滅危惧種が増えてしまった。
そのためにこの植物多様性センターでは絶滅危惧植物の保全に力を入れています。

植物多様性センターに行ってきました。
東京都の神代植物公園の分園です。
園内で東京都の様々な環境の野生植物がみられるほか、
植物に関する講座やガイドウォークを行っています。
展示スペースやライブラリーコーナーもあります。

写真は二回に分けて貼ります。


此の西門は神代植物公園の駐車場側になります。
R-P7130468

案内版、左の薄い緑色の場所が奥多摩ゾーン
上のほうの濃い緑の部分が武蔵のゾーン、その上のグレーの建物が情報館。
右側の水色の部分が小笠原ゾーンです。
R-P7130473

園内の様子、爽やかです。
R-P7130474

栃ノ木の大木に実が付いていました。
栃餅の作り方、この園の職員が作ってみましたがうまく作れなかったとの
お話でした。
アク抜きが難しいらしいですね。
R-P7130475トチのみ

小さな池がありますが、時期には水生植物の蓮、アサザ、カキツバタなどが
咲きます。
R-P7130476

情報館に入ってみます。
CmvQZ9CUEAABJ5P

適度に冷房が効いていてほっとしました。
R-P7130484

振り返るとドアーにこんなものが張って在ります。
R-P7130483

井の頭公園のカイボリ。
R-P7130487

アメリカザリガニが切ってしまうらしいです。
R-P7130485

よく見えませんでした。
R-P7130488

情報館内部の様子。
R-P7130494

もくもく木琴。
R-P7130495

左が桐の木、右がイスノキ、で重さの違いを分かるように見せています。

イスノキ(蚊母樹)材は非常に堅く、家具、杖の素材にされる。
とくにイスノキ材の木刀は、示現流系統の剣術で使用されているのは有名。
また、虫こぶ(ひょんの実)は成熟すると表面が硬く、内部が空洞になり、
出入り口の穴に唇を当てて吹くととして
使える。
これが別名ヒョンノキ(ひょうと鳴る木)の由来とも言われる。
ひょんな事から・・・・・という言い方もありますね。
R-P7130497桐の木ひょんの木

伊豆七島の海溝の様子。
R-P7130677

ご説明していただいたのはセンター長の照井さんです
R-P7130508

生物多様性センタの三つの柱。
R-P7130521


R-P7130513


R-P7130518

一通りの説明を受けて表に出ます。
小紫です。
R-P7130563小紫

巴草。
未だ花は咲いていませんが、
花は巴形のゆがんだ形をしており、和名の由来となっている。
R-P7130570巴草

オトギリソウ。
この草を原料にした秘薬の秘密を漏らした弟を兄が切り殺したという
平安時代の伝説によるものである。
この不吉な伝説のため、付けられた花言葉も「怨み」「秘密」と縁起が悪い。
R-P7130571オトギリソウ

武蔵のゾーンの礫池エリア。
R-P7130573

無患子の実が落ちていたので皮を水に浸してみました。
本当に泡立ちました。
R-P7130585

山芍薬の実を割ってみると赤い種と黒い種が出てきます。
この赤い色で鳥をおびき寄せついでに本当の種、黒い種を
食べさせるためのこのよう色がついいているといいます。
R-P7130587山芍薬の種


一回目終わります。



ある本を読んだらその中に「黄金の15年」という言葉が出てきた。
その本にはその15年を楽しく過ごすにはそれなりの助走期間が必要だと
著者は言っている。
簡単に言えば普通のサラリーマンが60歳で定年を迎えそこから15年の75歳までを
黄金の15年という。
私も今年ついに後期高齢者運転免許証更新の認知症の検査を受けてきました。
つまり黄金の15年が過ぎたということです(正確にはあと数か月)。

もうお亡くなりになった先輩のAさんが私に
「君、一生で一番楽しいのは70歳代だよ」と行っていました。
聞いた私は70歳代と言えば気力体力が衰え・・・楽しいかなと疑問だったが
今過ぎ去ってみるとAさんの言葉は当たっていたな。
振り返って考えてみれば確かに一生で一番楽しかった15年だったかもしれない。

最近電車の中でよく席を譲られる。
自分は、そう大歳を取ったとは思っていないのだが。

しかし若者から見ればかなりの「ジジイ」に見えるのだろう。

この老人である私が言いたいのは君たち若者諸君、老人を尊敬せよ、
いたわれなどとは決して言わない。

今の老人のほとんどが若者から尊敬されるような事をしてこなかったのだから。

ここで老人について、わかってほしい事が在る。

老人と言う者は、あなた方若者と違って、生きて行くために沢山の道具が必要だと言う事である。

沢山の不便なことが多いと言う事である

老眼鏡、補聴器、入れ歯、杖、禿隠しの帽子、更にはエスカレーター、エレベータ。

更には、歩く速さ、またトイレや食事に時間がかかる等々である。

これは君ら若者には判らんだろうが、かなり鬱陶しい物なのだ。

そのことをわかってもらうだけで随分と嬉しい事なのです。



公園の黒いひまわり。
R-P7160737
 

会社を辞める動機に給料がやすいということをよく聞きませんか。

かって、一世を風靡したIT企業の社長が「金で買えないものはない」と言って物議をかもしたことを覚えていますか。

確かにお金がないと変えない心があることは事実でしょう。

ではお金をあげれば人はついてくるかと言えば実はそれにも限界があります。

 

ある学者のテストで被験者を2チームに分け、1つはパズルを解くとお金をもらえるAチーム、もう一つはパズルを解くだけで報酬なしのBチーム。

それぞれ30分ずつパズルを解いてもらった後、実験の立会人が「今から8分外出します、何をしていてもいいから待っていてください」と言って部屋を出ます。

その間に何が起こるかという実験です。

結果は報酬の無いBチームはパズルを続け、Aチームのメンバーはほとんどパズルをしなかったといいます。

これは「アンダーマイニング効果」と言って本来楽しいはずのパズルが「楽しいから」ではなく「お金がもらえるから」行うようになってしまったのです。

報酬のあるなしによって目的がすり替わってしまったのです。

 

そもそもモチベーションには「その作業をすることが面白いから」と「その作業をすることでお金や評価をもらえるから頑張る」という二通りが考えられます。大切なのはこのバランスです。仕事の最高の報酬は次の仕事」ということわざもあります。

「お金をもらえればいい」というのではなく「人は活躍できる場所を求める」のです。

 

これも有名な話なのでご記憶のある方も多いと思いますが、ある女性が仕事で悩んでいた時に上司から「飯でも食いに行こう」と誘ってくれイロイロ悩みを聞いてくれたのはいいのですが会計のとききっちり領収書をもらったのです。

それを見てその女性は「なーんだ」とがっかりしたといいます。

会計を経費にしたことによって」その上司の行動が「本心から」の行動でなく「業務」になってしまったと感じたのです。

人を動かすには「君に期待している」「感謝している」「心配している」という気持ちと、実際の行動や評価報酬が伴っていないと難しいということですね。

御岳山 ロックガーデン 綾廣の滝
R-P7130518綾広の滝

読売新聞に「なぜなに日本語」というコーナーがあります。
面白い話が載っていましたので紹介します。

「午前中」と言っても、「午後中」と言わないのはなぜ? こんな質問しつもんをもらいました。

「××中」は、始まりと終わりの間を示しめします。
午前の始まりは真夜中の0時からということになっていますが、「朝起きてから」「朝ご飯はんを食べてから」始まると考える人もいて、あいまいです。
ただし、終わりの方は「お昼(正午)」とはっきりしています。
「午前中に届とどけます」だったら、お昼まで待っていればいいのです。
「××中」は特とくに終わりの方に注目した言い方だといえるでしょう。

 
正午から午後が始まります。では、終わりは? 午前0時までは午後とはいえ、「午前中に宿題を済すませれば、午後はゲームをしてもいいよ」と言われて、真夜中まで遊んでいたら叱かられます。

終わりがはっきり決まっていない「午後」には「中」が付つけられないのです。
「午後中に届とどけます」では、いつまで待ったらいいか分かりません。


我が家のハイビスカスと百合、カサブランカが満開になりました。
R-IMG_1070
R-IMG_1072
 

怒り、我々凡人はちょっとしたことで怒り、大きなものを失ったり、取り返しがつかないような結果に為ったりすることが人生においてままある。

此処に聖人君子と言われる人たちが居る。

成人君子とは辞書によれば「立派な仁徳やすぐれた知識・教養を」身に着けた理想的な人物」「聖人とは最高な人格を備えた人」「君子とは学識・人格の優れた人」と出ています。

また「あの人は人間が出来ている、怒った所を見たことが無い」などと言う言い方をする。

我々にとって聖人君子とはと聞かれれば「お釈迦様」「キリスト」「孔子」「孟子」などを思い浮かべる。

 

或るモノの本に出ていた話だがあのキリスト様も怒ったことがあると言う。

腕力をふるって商人を鞭で打ち、寺院から追い出したこともあった。

我々から見ればキリストなどはほとんど完全に近い人である。

しかし、そのキリストでさえも自分が欺かれた様な場合には怒った事が在るのである。

また怒ることが必ずしも悪い事だとは言っていないと言う。

怒る事は絶対的に悪い事ではないのではないだろうか。

 

此れは怒る動機、理由、怒り方の方法によっては悪くは無いのである。

そうなると、いかなる怒りが正当な怒りと言えるだろうか。

いろいろあるとは思うけれど、自分の利害に関係しない事、自分以上の主義のために怒るのであるなら、例えば国家の問題とか、社会正義のためとか自分の利害を離れている高尚(コウショウ)な怒りであるなら、それは正当な理由から出た正しい怒りである。

自分の利害に関することの為に怒り、あるいは喜ぶのは、単に自己中心的で全く感心できない。

 

しかし此の怒られるべき。怒りはきわめて少ない。

大方の凡人の怒りは自分の利害に関係している怒りである。

 

もちろん私もその通りです。

仲間と行った払沢の滝。
R-P7180772

今朝の朝刊に安西愛子さんの死亡記事が出ていました。

記事の一部です
童謡歌手で元参院議員、安西愛子さんが死去
2017年7月7日20時16分

 童謡歌手で元参院議員の安西愛子(あんざい・あいこ、本名・志村愛子=しむら・あいこ)さんが6日、老衰で死去。

 100歳。
告別式は13日午前11時、東京都杉並区堀ノ内3の48の8妙法寺堀之内静堂。喪主は次男、志村重貴氏。


皆様ご記憶に有るでしょうNHK歌のおばさん。

終戦直後の貧しい時代に、「歌」は最も重要な娯楽の一つだったが、いわゆる流行歌には、子どもの歌唱にふさわしくないものも多く、健全な子どものための音楽文化育成のために、番組が制作された。

安西愛子と松田トシがピアノ伴奏で歌唱し、歌遊びや歌唱指導もあった。この番組ができた当時、安西・松田の2人はまだ30代前半で、「おばさん」呼ばわりされるには抵抗があったようだが、「長寿番組にしたいし、そうすればおばさんのほうが親しみやすい」というNHK担当者の説得で納得したという。

歌のおばさんで歌われ今でも広く歌われている「ぞうさん」この歌の
歌詞は自らのもつ差異を肯定し、誇りとするものとされている。
『まど・みちお――「ぞうさん」の詩人』(河出書房新社)によれば、
子ゾウが悪口を言われた時の歌である、と。
他の動物から見たら、鼻が長い君はおかしい。
しかし、子どものゾウはしょげたり怒り返したりせず、
「大好きなお母さんも長いのよ」と朗らかに切り返し、
それを誇りにしている歌だという。
子ゾウは『お母さんだってそうよ』『お母さん大好き』と言っています
素晴らしいね。

ご冥福をお祈りします。





住まいは民家からやってきた。2/2回目です


引き続き民家の形についてのお話です。
img20170703_15521474_0041

時代区分分けされていますが、どのような構造の変化があったかは専門的過ぎて
私たちには無理です。
img20170703_15521484_0042

江戸時代中期まで普通の町屋はこの構造でした。
img20170703_15521490_0043

茅葺きの軒が大変低い軒、大人だと目の高さという低さなのです。
旧所在地は山梨県甲州市塩山上萩原という山村。
甲州盆地の民家は切妻造りが一般的なんだとのこと。
img20170703_15521495_0044


IMG_1064

このように皆同じ方向で建てている。
風の吹く方向に合わせて建てている。
またこのような気候の厳しい土地では、家族単位で家を建てるより
一族で1軒の家に住んだほうが効率が良い。
img20170703_15541084_0049

土間に座る、「土座」と言う部屋と言うのか。
此処にむしろを強いて座る、囲炉裏の火は絶やさない。
竪穴住所も最後はこの土座であったのだろうと考えてしまう。
囲炉裏の熱が土に伝わってじかに寝ても寒くないという。
img20170703_15541062_0045

これはまたしっかりした大黒柱。
これ一本で屋根を支えている。
そのために家の中に柱がない、この大広間一つ。
img20170703_15541068_0046

サス構造の代表格の「合掌造り」の天井。
又首(さす)とは、2本の丸太を棟で交差させ、梁の両端に
「差し込んだ」構造で、「和風トラス構造」でもあります。
中央に細い丸太が横に釘で打ち付けてありますが工事中のための仮止めで
屋根ふきが終わ絵うと外します。
img20170703_15541076_0047

a3d2c6cdc8139516fff63139a9f4cddf

此処で確認しておきますが、
合掌造りとは屋根を構成する小屋組みの部材を山形に組合わせ
母屋(おもや)をうける造り方をいう。
入母屋造り作りとは屋根の側面上方は切妻、下方普通勾配をつけた
様式をいう。中国・日本の代表的な建築様式。

兜作りの民家は奥多摩の数馬付近に見られます。
img20170703_16003454_0051
 
両方のイメージは
兜作り         合掌作り
p_2 (2)p_1 (2)

これがまた面白い漏斗作り。
佐賀県に多く見られ屋根の水を集めて樋で導き表に配水します。
何故この様な構造に家になったのか、今度民家園に行く機会があれば
よく見てきます。
img20170703_15541081_0048

本棟造(ほんむねづくり)は、長野県中信地方から南信地方にかけて分布する
民家の形式である。
切妻造り妻入り
、ゆるい勾配の屋根、雀おどしと呼ばれる棟飾り、
正方形の間取りなどが特徴。
この写真は馬場家住宅で長野県松本市内田にある江戸時代の民家。
松本市立博物館分館の重要文化財馬場家住宅として公開されています。
img20170703_16003447_0050


づしにかいと読む。または「中二階」とも呼ばれる。
江戸~明治にかけて建てられた古い様式。
ミセノマの真上にあたる部屋の天井が低いことが特徴で、昔は主に
物置や使用人の寝泊まりに使われていた。
2階には開口部として虫籠窓を伴うことが多い。
img20170703_16003463_0052

上の写真の京町屋の通りにわ。

京都の町家は「ウナギの寝床」と表現されるように、敷地の幅が狭く
奥行きが長いため、そのまま縦長に建物を造ってしまうと、
それぞれの部屋に満遍なく光や風を取り込むことができないのです。

そのため、どの部屋にも光や風が奥まで入り込めるようにするために、
「中庭」や「通り庭」が造られたのです。
img20170703_16003466_0053

靴を脱がずに奥まで入る事が出来ます
t02200587_022506001112220978911

建物と建物の間に作った小さな庭です。
真夏の京都の暑さを和らげる。
此処から入る風を「ユラギ」と言う。
img20170703_16003471_0054

京町屋の座敷二景。
img20170703_16003476_0055


img20170703_16020677_0056 - コピー (2)

以降は専門的になりますので興味のない方読み飛ばしてください。
img20170703_16020677_0056 - コピー (3)
img20170703_16020677_0056 - コピー

img20170703_16020677_0056
img20170703_16033297_0057

img20170703_16053779_0058

これで住まいは民家からやってきたを終わります。

このページのトップヘ