鳩山由紀夫首相は18日、来日中の国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事と会談した。この中で、金融危機後の異例の財政・金融政策を終える「出口戦略」の実施は、時期尚早との認識で一致。世界景気の自律的な回復に向け、財政出動の継続が重要であることを確認した。
 鳩山首相はまた、退任する加藤隆俊IMF副専務理事の後任に、篠原尚之前財務官が就任することに関連して、日本人スタッフの増員を求めた。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
【特集】話題騒然 ファーストレディー
鳩山首相、乾杯に遅刻=選手団壮行会〔五輪・関連〕
鳩山首相の発言要旨
小沢氏は必要に応じて説明を=検察の事情聴取要請で

海自部隊に15日撤収命令=インド洋給油、新テロ特措法期限で(時事通信)
阪神大震災から15年、兵庫各地で追悼行事始まる(読売新聞)
<強盗>名古屋の吉野家 食事の後に3万円奪い逃走(毎日新聞)
大阪弁護士会新会長に金子氏(産経新聞)
<消費税>鳩山首相「4年間は行わず」 歳出の見直しに努力(毎日新聞)