社民党の照屋寛徳国対委員長は11日、米自治領北マリアナ諸島を訪れ、同諸島議会のテノリオ下院議長らと会談した。同議長は社民党が掲げる米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同諸島サイパン、テニアン両島などへの移設について「歓迎する」と表明。同諸島議会として誘致決議の採択を目指す方針を明らかにした。同行した社民党関係者が取材に答えた。
 会談にはデラクルス・テニアン市長が同席。デラクルス市長も「(同諸島は)経済が悪く、産業もない。経済振興のためには基地誘致が必要だ」との意向を示した。照屋氏は「なるべく早く日本政府に(検討を)要請したい」と応じた。
 社民党は両島などへの移設を最優先で求めているが、政府は国外移設は米側が受け入れないとして検討を進めていない。照屋氏は今回の会談結果を政府に伝え、改めて検討を迫りたい考えだ。 

【関連ニュース】
実務者協議見合わせ=普天間、岡田外相と大使で調整
「普天間」見通し立たず=鳩山首相、核サミットへ12日出発
米大使、実務者協議に難色=開始のめど立たず
外相と米大使が会談=普天間めぐり意見交換
沖縄知事「応分負担の用意」=普天間移設、鈴木氏明かす

ODA座長人事に「遺憾」=受注側が評価兼ねる-外務副大臣(時事通信)
「市長派」の阿久根市議、議会自主解散提案へ(読売新聞)
<強盗>私がやりました…刑務所から自供の手紙(毎日新聞)
<厚労省>うその人事情報で100万円受領 職員を処分(毎日新聞)
乗降中のバスに車が追突、9人軽傷…相模原(読売新聞)