四国電力は21日、高知市、高知県宿毛市、大月町にある電柱14か所で低圧電線が切断され、計約3・4キロ・メートル分(重さ721キロ・グラム、48万円相当)が盗まれたと発表した。県警は窃盗事件として捜査している。

 発表によると、電線は銅製で直径4~5ミリ。

 関連会社の社員が4月30日、大月町で電柱の取り換え工事をするため調査に訪れ、古い電柱に架かっているはずの電線の一部(357メートル)がなくなっているのに気づいた。四国電力が調べたところ、ほかに宿毛市12か所、高知市1か所で被害を確認した。

 切断面からペンチなどの工具が使われたとみられる。いずれも電線を切断しても住宅などが停電にならない電柱だった。四国電力高知支店(高知市)は「盗んだことがすぐ分からないようにするためでは。専門知識のある者がやった可能性が高い。パトロールを強化したい」とする。

 被害があった高知市布師田のJR布師田駅近くでは17日朝、通勤途中の関連会社社員が電線が盗まれていることに気づいた。駅は無人駅で現場は人通りの少ない田園地帯。二つの電柱間の電線がすべて盗まれていた。宿毛市では被害は住宅地にも及んでおり、同支店は「作業服を着て堂々と切断したかもしれない」と警戒する。

 電線盗は各地で相次いでおり、銅を転売するのが目的とみられている。愛知県周辺では2006年12月~07年2月の間に40件計約20キロ・メートル分の電線が切断されて持ち去られたほか、昨年8月には福岡県久留米市で西鉄天神大牟田線の線路の敷石下にある銅線ケーブルが切断され、盗まれる被害があった。

首相動静(5月24日)(時事通信)
防衛省、また出題ミス=幹部自衛官候補生試験で(時事通信)
まつげエクステ無免許営業=容疑で女性社長ら書類送検―警視庁(時事通信)
普天間問題で首相「最初から厳しい状況は分かっている」(産経新聞)
ラブホテルに2人組刃物強盗 奈良・香芝(産経新聞)