ダイハツ工業は31日、かじ取り装置や動力伝達装置などに不具合があるとして、軽乗用車と小型車計約12万5000台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
 2007年2月~08年12月製造の軽乗用車「タント」「ムーヴラテ」計11万4358台は、ハンドルと車軸を結ぶ部品のボルトが緩み、正常なハンドル操作ができなくなる恐れがある。
 トヨタ自動車にOEM(相手先ブランドによる生産)供給している2008年2月~12月製造の小型車「タウンエース」「ライトエース」計1万1131台は、自動変速機のオイルクーラー部分からオイルが漏れて走行できなくなったり、後輪緩衝装置の取り付け部が外れたりする恐れがある。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
「グローバル品質特別委」が初会合=リコール問題を検証
世界生産、トヨタ8割増=7社がプラス
来春採用、回復鈍く=業績底打ちも増加は2割弱
07年にマットに絡む事故警告=トヨタ、販売店に通知

【from Editor】懐かしい音と言わないで(産経新聞)
東京メトロ丸ノ内線、一時運転見合わせ(産経新聞)
徳之島で基地移設反対大会=4200人が参加-鹿児島(時事通信)
「飛び込み出産」7割がハイリスク(読売新聞)
「5月決着」目指し協議へ=普天間移設で日米外相(時事通信)