北海道の炭鉱でじん肺になった患者らが国に損害賠償を求めた石炭じん肺訴訟のうち、消滅時効(3年)が争点となった原告15人(4人死亡)について、直嶋正行経済産業相は9日、患者1人当たり約477万~917万円の支払いを命じた札幌地裁判決に対し、控訴しない方針を明らかにした。
 直嶋経産相は閣議後の記者会見で、「被害者の皆さんの早期救済を重視した」と述べた。 

<雑記帳>西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)
23歳下の男性にストーカー容疑、63歳女逮捕(読売新聞)
<準強姦容疑>知的障害者に暴行、生活支援員を逮捕 千葉(毎日新聞)
収納ケース内女性遺体 殺人容疑で女を再逮捕「殺していない」(産経新聞)
「車内ゴミ散乱、ライターも?」4児死亡の父親(読売新聞)