はじめての専業主婦カードローン 

カードローンを考えている専業主婦の皆さんに分かりやすく解説しています。

私ももうリボ払いが始まった頃からショッピングもキャッシングもリボ払いで支払っていますが、とにかく便利ですね。
支払いも定額制で決まっていますし、いくら買い物やキャッシングをしても一定の金額を支払っていれば良いのですから支払うほうは助かります。

支払いを考えてクレジットカードでも金融関係のカードでも最低支払金額に設定してあります。
その場合のデメリットは期間が長くなるということで、それはそのまま支払い総額が 増えるということになりますので、リボ払いで最低支払金額に設定しながら 繰り上げ返済をその都度して、できるだけ早く返済できるようにしています。

そうすると期間が長くなるというデメリットも解消できますのでとても便利なカードのような感じになるます。
しかしカードといっても自分のものではありませんから借金であるということはいつも忘れないようにしています。

ご利用は計画的にというそのままを地で行っているということになりますね。

キャッシングを利用する理由の一つとして、親の葬式費用を賄う時が挙げられます。葬式というのは、病気で余命が大体把握できる場合もありますが、たいていの場合は急にやってきます。そして、葬式の費用というものは、いくら家族葬でもそれなりの費用がかかります。また、希望が豪華な葬儀という場合ならなおさらお金が必要です。
葬式費用にキャッシングが使われる理由が多いのは、ただ単にお金がかかるからだけではありません。亡くなった人の貯金は、死亡がわかると同時に引き出せないようになります。ですから、親がお金を持っていたとしても、銀行に預けていた場合引き出すことができません。ただし、相続の手続きなどがきちんと行われた後であれば、預けていたお金をもらうことは可能です。
ですから、キャッシングの返済は、相続などがきちんと終わってからにした方が返しやすいかと思われます。もちろん他の手段で返済の手立てがあるのであれば、その方法を使っても問題はないでしょう。

今のキャッシングは、いろいろな返済方法があります。 キャッシング業者によっても異なりますが、大まかには以下の通りです。 ・自社ATM ・提携ATM ・Web返済 ・銀行引き落とし ・銀行振込 このように、様々な方法で返済ができるようになっているのですが、どの返済が一番良いのか迷ってしまいます。 お勧めの返済方法は?という質問を聞くことがあるのですが、これはご自分の生活スタイルに合った方法を選ぶようにしましょう。 日中外出が自由にできる主婦の方は、自社ATMや提携ATMでの返済がお勧めです。 しかしATMには稼働時間が設けられているところもあります。 遅いところだと夜11時~12時近くまで営業していたりしますが、なかなか家族といてすぐに外出できないなどの主婦の方はATMでの返済は難しくなります。 そういった方は、ATM以外の返済方法がお勧めです。 特に最近利用者が多くなっているのが、Web返済です。 Web返済は、24時間365日いつでも返済がインターネット上で出来るようになっていますから、大変便利です。 さらに、スマートフォンの普及により、いつでもどこでも手軽にインターネットに接続できる環境も影響しています。 家にいるときはもちろん、仕事の休憩時間や旅行中でも、インターネットの操作で簡単に返済ができるのです。 しかし、Web返済するにはインターネットバンキングを利用できる口座を持っていなくてはならないというデメリットもあります。 また、インターネット自体が苦手という方もいらっしゃることでしょう。   そういった場合は、銀行口座から直接引き落としか銀行振込がお勧めです。 特に銀行口座引き落としだと、口座に現金さえあれば、いちいち返済日を気にせずに生活することができます。 返済日を覚えておくことがいまいち不安だとか、返済日までに確実に出かけられる確証がないという方にもお勧めの返済方法です。 返済はお金を借りた以上必ずしなくてはならないものです。 毎月あるものですから、できるだけ自分にとってストレスのないような返済方法を選ぶことを強くお勧めします。

↑このページのトップヘ