横浜市戸塚区影取町の歩道脇にあるほこらから、道祖神2体のうち1体が盗まれていたことが19日、わかった。戸塚署で窃盗事件として調べている。

 同署幹部によると盗まれた道祖神は全長約30センチで、顔の部分が直径約10センチ。重さは5キロ程度という。

 18日午後4時頃、近所に住む無職石井君枝さん(43)が盗難に気づいた。ほこらにあった別の1体も、10メートルほど離れた道路上に置かれていたため、石井さんらが元の場所に戻した。

 2体の道祖神は約250年前の江戸時代に、地域の安全を願って奉納されたとされ、石井さんは「果物が供えられるなど、親しまれていた。歴史もあるのに残念」と話していた。

天皇、皇后両陛下 皇居・宮殿でカンボジア国王歓迎行事(毎日新聞)
ケイト・ウィンスレットとサム・メンデス監督が離婚へ
北陸新幹線の延伸 もんじゅと別問題 国交相、福井県要望に(産経新聞)
口蹄疫拡大で動物園休園、ヤギやキリン感染防止(読売新聞)
経産省委託事業の報告書 白書“丸写し”に421万円 提出の団体「指示された」(産経新聞)