東京都世田谷区の救急病院で平成17年、緊急搬送された女性=当時(26)=が子宮外妊娠による腹部内の出血で約9時間後に死亡する事故があり、警視庁捜査1課などは29日、適切な検査を怠り女性を死亡させたとして、業務上過失致死容疑で、当直勤務をしていた男性医師(50)を書類送検した。

 同課の調べでは、医師は17年4月14日午後10時25分ごろ、出血性ショックなどの症状があり同病院に搬送された町田市に住む女性に対し、腹部超音波やCTなど必要な検査を行わず、翌15日午前7時45分ごろ、右卵管破裂による腹膜腔多量出血で死亡させた疑いが持たれている。

 同課は、男性医師が適切な検査を行えば腹腔内の出血を確認し、緊急手術や他院への転院措置が可能だったとしている。

 同課によると、医師は触診やエックス線検査を行ったが経過観察にとどめ、多量出血を確認できなかった。同課の調べに対し、医師は「適正に検査、措置していれば救命できた可能性があった」と容疑を認めているという。

【関連記事】
人工呼吸器チューブ外れ死亡か 熊本医療センター
がん手術で肺動脈に傷、患者死亡 愛知の病院
高知の病院で患者死亡 「殺害」と110番
薬を誤投与、患者死なせた容疑 医師ら4人書類送検
病院は死ぬところ…崩壊した「医のモラル」 山本病院事件の真相

寺を全焼、保険金詐欺図る=容疑で元住職再逮捕-埼玉県警(時事通信)
「警察は被害女児家族におわびを」公安委員長(読売新聞)
火災 駅新設現場の壁焼き1人けが 東京・羽田(毎日新聞)
<中部電力>風力発電計画を白紙撤回へ 愛知・静岡県境(毎日新聞)
「政治とカネ、けじめつけてないのが下落要因」前原国交相 閣僚から内閣支持率急落で批判相次ぐ(産経新聞)