昨年5月からスタートした裁判員制度について、64%の人が実施後に司法をより身近に感じるようになったと答えたことが16日、最高裁が公表した「裁判員制度の運用に関する意識調査」で分かった。裁判結果に国民の感覚が反映されやすくなったとした人も62.6%いた一方、参加意欲は制度開始前からほぼ横ばいだった。
 調査は1~2月、全国で20歳以上の男女計2037人に個別面接して実施した。制度開始後の最高裁の調査は初めて。 

窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)
住宅トラブル 未然の防止策 「大丈夫」繰り返すメーカーは要注意(産経新聞)
船橋で潮干狩り始まる 家族連れでにぎわい(産経新聞)
<外国人男性刺殺>フィリピン人容疑者を逮捕…三重県警(毎日新聞)
徳之島案、県連に説明=官房長官(時事通信)