大阪国税局は1日、大阪、兵庫、奈良3府県の駅などに臨時の「還付申告センター」を開設した。居住地に関係なく所得税の還付申告手続きが可能。税務署に出向く必要もなく、「通勤や買い物途中に利用して」と呼び掛けている。

 ローンで住宅を購入したり、年間10万円以上の医療費を支払ったりした場合などは還付申告すれば税金の一部が戻る。昨年は近畿2府4県で200万件を超える申請があった。

 大阪府高槻市のJR高槻駅前の会場には、午前9時半のオープン前から約150人が並んだ。

 同市の無職、畠中繁さん(82)は「年金生活で還付申告に毎年来るが、還付の計算を自分でするのがいつも大変。早く済ませることができてよかった」と話していた。

 同会場を視察に訪れた大阪国税局の中村明雄局長は「16日から始まる確定申告期間中は税務署が混雑するので、還付申告は早めにしてほしい」と呼び掛けた。

 センターは計8カ所で、うち6カ所は1~15日。大阪府豊中市の大阪モノレール千里中央駅前は9~19日。大阪市北区のJR北新地駅前は1~26日。

<ハイチ大地震>国際医療チームが成田空港に帰国(毎日新聞)
小沢氏会見「家族名義」「現金保管」詳細語らず(読売新聞)
<訃報>山元峯生さん64歳=全日空副会長、前社長(毎日新聞)
政治資金監査、新制度で“商機” 税理士ら殺到でも「リスク」は…(産経新聞)
米紙サイト有料化大コケ? 日経「電子新聞」不安な門出(J-CASTニュース)