平成19年に歯科クリニック経営者の男性=当時(38)=を殺害し遺体を琵琶湖に捨てたとして、殺人と死体遺棄罪に問われた元暴力団幹部、佐伯貴被告(36)の判決公判が17日、大阪地裁であった。中里智美裁判長は「首謀者ながら自ら手を下さない狡猾(こうかつ)な犯行で刑事責任は重大」として、懲役23年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 殺人罪に関し弁護側は「拉致する計画を無視して共犯者が単独で殺害した」と無罪を主張したが、中里裁判長は共犯者の公判供述などから共謀を認定。遺体が未発見であることを引き合いに「対面できない遺族の負担ははかりしれず、処罰感情は峻烈」と指摘した。

【関連記事】
奈良県警の金品受領問題 警部補が組長通じ借金
上申書殺人で無期懲役確定へ 最高裁が上告棄却
息子装い振り込め詐欺未遂 暴力団幹部らを逮捕 「金の購入でトラブルに」
福岡・大牟田の組幹部射殺、二審は無期 組織的犯行を認定
暴力団幹部射殺事件 タクシー運転手を殺人で再逮捕へ 警視庁

堀江被告 三味線など差し押さえ「何でこんなことに」 (毎日新聞)
鳩山邦夫氏、GW前の新党結成を表明(産経新聞)
切手1枚偽造に1時間 会社社長を逮捕(産経新聞)
日弁連会長に宇都宮氏、路線転換訴え主流派破る(読売新聞)
堀江被告の財産差し押さえ、TV・三味線など(読売新聞)