日本人の腸内で、ノリやワカメなど海藻の食物繊維を消化している細菌を、フランスの研究チームが発見した。この細菌は米国人の腸内にはなく、海藻をよく食べる日本人が体外から取り込んで共生しているらしい。8日発行の科学誌「ネイチャー」に掲載された。

 ヒトの腸内には約1000種の共生細菌がいる。これらは人体が作れない酵素を出して、消化吸収を助けている。野菜の食物繊維は腸内細菌が出す酵素によって分解・吸収されるが、海藻類の食物繊維はそのまま体外に排出されると考えられてきた。

 チームは、ノリを餌にしている海中の細菌から、ノリの食物繊維を分解する酵素を発見、酵素を作り出す遺伝子を特定した。日米の31人の腸内細菌で遺伝子の有無を調べたところ、日本人13人中5人の腸内細菌にほぼ同じ配列の遺伝子があり、米国人18人の腸内細菌にはなかった。

 日本人は、遅くとも8世紀にはノリを食べていたことが文献で分かっている。チームは、日本人が海藻を食べ続ける過程で腸内に細菌が入り、腸内にもともといた共生細菌がその遺伝子を取り入れて進化し、海藻の消化酵素を作るようになった可能性が高いとしている。

【斎藤広子】

【関連ニュース】
クラゲ展示:ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる
脂肪燃焼ホルモン:運動と同様の効果 東大チームが検証
クロマグロ:全遺伝情報を初めて解読 日本の研究機関など
歯周病:骨髄液から歯ぐきを再生し治療 広島大で成功
生体肝移植:切り取る肝臓を小さくできる手術法を開発

シー・シェパードに大賛辞 環境雑誌「ソトコト」の問題特集(J-CASTニュース)
前田日明氏「出るなら比例」(スポーツ報知)
神奈川県教組 基金8億円消える 主任手当が原資 「委譲」と説明(産経新聞)
支笏湖の橋に人骨片…あご部分と歯も(読売新聞)
出火件数、1270件減=09年火災概要-総務省消防庁(時事通信)