スポンサード・リンク

アトピー性皮膚炎

貴陽石のアトピーへの効果をより実感するための使用方法として、最近注目されているのが入浴剤です。
アトピー貴陽石の入浴剤のお湯に入ると、その圧倒的なマイナスイオンと遠赤外線発生量の効果により、アトピーの症状であるかゆみや肌荒れなどがやわらぐ効果があるといわれています。
また、リラックス効果が高く、不眠の解消、鎮静効果、ストレス解消などにも効果があるようです。
アトピー貴陽石の遠赤外線効果は、体が温まり、血行促進、新陳代謝を促してくれます。
ただ、アトピーに効果的といわれてはいますが、全ての人に必ず効くというわけではありません。
万が一、使用中や使用後に皮膚に異常が現れた場合は、すぐにでも使用を止めて医師に相談してください。
使用方法としては、50mlから100mlを、浴槽にいれて使用するのが一般的なようです。
使用後、浴槽に砂のようになって沈殿することもありますが、天然の鉱石なので、品質には問題ないようです。
アトピー貴陽石は天然の鉱石ですので、普通の入浴剤とは違ってお湯などに溶けず、残り湯も洗濯等には利用できないようです。
もちろん飲用にもできません。
しかし、治りづらいアトピーについて効果があると注目されている貴陽石を一度は試したいものですよね。

アトピー性皮膚炎

従来、貴陽石は主に岩盤浴に用いられてきました。
貴陽石の遠赤外線により発汗、デトックスを促すため血行が良くなり肌を健康にします。
さらにその驚異的なマイナスイオンにはアトピーの原因としても大きな割合を締めるといわれている、ストレスを軽減させる力があるのです。
その結果として、肌の新陳代謝が良くなり、保湿成分が肌に浸透するというわけです。
また、貴陽石のマイナスイオンは、1ccにつき20000個以上発生していると言われています。
その驚異的な多さにより、疲労回復やリラックス、細胞組織の活性化、自律神経の調整、呼吸機能の改善、さらには学習機能の向上などの効果があるとも言われています。
天然鉱石である貴陽石は、アトピーの治療の際によく使われるステロイド剤のように、副作用が発生することもないので、自然治癒も期待できそうです。

アトピー性皮膚炎

アトピーに貴陽石という天然鉱石が効くらしいというような話を耳にされた方もいると思います。
貴陽石という耳慣れない言葉・・一体それは何か?といいますと天然鉱石の1つです。
貴陽石は、群馬県の利根郡片品村にある長石御座入鉱山で、約6500万年以前の地殻変動に伴う高温熱水作用により形作られたと言われています。
今まで知られていた鉱石には考えられないほどの強力なマイナスイオンと遠赤外線を発生し、ケイ酸アルミニウムを主成分とする特殊な希少鉱石で、学術名では「交代性閃長石」と呼ばれています。
交代性という意味は、岩石中に浸透してきたガスや熱水溶液により、既存の岩石の成分と移動してきた物質とが置換され、新しい鉱物ができることで、貴陽石は花崗岩の石英が熱水によって貴陽石に変化したものです。
白亜紀後期の地層に産出されていて、遥か古代に形成された貴重な天然鉱石なのです。

アトピー性皮膚炎

まず、遺伝によるもの。ただし、遺伝的要因を持ってる人すべてにアトピー性皮膚炎が起こるわけではありません。

それよりも、さまざまな生活環境によるものや、生活習慣の影響がより大きいのです。

次に、食物アレルギーによるもの。

食物のアレルギーは血液検査でも反応が出ずらく原因が特定しにくいため治療も遅れてしまう場合が多いといわれています。

そして、最近になって言われているのがストレスによるもの。

仕事場の環境、例としてネットやパソコン導入によるストレスの増加や、屋外の仕事などでは大気の汚染などが挙げられています。

ストレスを感じることで、人間の体内で様々な変化が起こり、体に悪い影響を与える事があるということは化学的にも実証されているのです。

アトピー性皮膚炎

アトピーといは「奇妙な」「原因不明の」という意味のギリシャ語「アトポス」(atopos - a=不特定, topos=場所)からきています。

アトピーとは体質の事を指し、アレルギー症状を引き起こしやすい体質の事をいいます。

以前は幼少の頃からアトピーでも、大人になれば治ると言われて来ましたが、近年では大人になってからアトピーになる人や、子供の頃からのアトピーが大人になってからも治らない症例が多数報告されています。

アトピー性皮膚炎の症状としては、かゆみを伴う発疹が繰り返し何度でもでき、その発疹は顔や首、ひじや膝のくぼみに現れやすく、ひどくなると全身に広がることもあります。

このアトピー性皮膚炎という症状にはアトピー体質という遺伝的な要素が関係するため、気管支喘息やアレルギー性鼻炎などにかかりやすいといった傾向があります。