2016年02月20日

無私

この一ヶ月は攻めたなあーー
毎日体力の限界まで闘ってる感。

しかし、大きなプロジェクトにガッツリ入るのは
やっぱり楽しい。


でもこういう時に気をつけるべきは、
動機が利己的になっていないか?ということ。
大きなことを成し遂げようとしていると
つい「これを自分がやってやるんだ」というような
傲慢とも承認欲求とも呼べる何かが出て来やすい。
それが出てきたら絶対にプロジェクトは失敗する。
「動機善なりや、私心なかりしか」

とにかくみんなの幸せのために、
無私の心で謙虚に闘い続けること。
いつも以上に、そこを丁寧に見つめていかなくちゃいけない。


a_____o at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月02日

2015-2016

久しぶりの更新。

2015年は本当に色んなことがありましたな。


1月1日に当時付き合って1週間だった旦那さんを実家に連れていくところから始まり
2月にマネージャーになり
2月後半には結婚が決まり
4月には引越しをして
6月に会社の10周年とともに入籍をして
8月に組織変更があってメンバーが増え
同時に昇格があって急に経営に本格的に関わるようになり
10月に結婚式をして
11月に初めて1週間休んで沖縄に行き
12月にやっと付き合って1周年

数年かけてすればいいものを、
全部今年に凝縮したかのような
そして、全く予想していなかったこと
ばかり起きる一年でした。

でも、目指していた方向には着実に
むしろ計画よりも早く進んでる。

今年はどうなるのかなあー。
楽しみでございます!!


a_____o at 14:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月04日

自由

仕事遅くなるーと言ったきり
会社に泊まった今日。

絶対普段起きないような早朝に、
起きたらしい旦那さんから
「がんばれー!」と連絡が来て、
絶対普段来ないような早い時間に出社してきて、
「おはよー!」と私の席まで来て
寝不足の私の顔を笑い飛ばす。

その時間に連絡をしてくることも、
その時間に出社してくることも、
明らかに心配してくれているんだけど、
心配の言葉は一つも掛けず、
笑って応援し続けてくれるこの安心感。

私は心配じゃなくて応援される方が断然嬉しいし、
その方が家に帰りたくなる心理を、
よくわかってるのう。


お互いに徹夜することもあるし、
夜中にバトンタッチして交互に寝ながら仕事をすることもあるし、
家で一緒に夕飯食べて、ゆっくり寝ることもある。

同志にも親友にも夫婦にも兄弟にもなれる
この関係は、本当に私の人生をプラスに動かしてくれてるなあ。
ありがたや。

将来仕事をしていてもしていなくても、
例えば子供ができてもできなくても、
何にせよ幸せに生きられる確信があるから、
こんなにのびのびできるし、何かにすがることもない。
結婚したことで、こんなに自由になれるなんてなー!




さて、今から日帰り大阪出張。
メンバーは1日元気に仲良くやってくれてるかな。

大切に想う人が、どんどん増えて行く。
その分だけ日々エネルギーを使うけど、
同じ分だけ同時にエネルギーがチャージされていく。
循環が大きく早くなっていく感じ。

大切な自分の命を、エネルギーを、
余すところなく人のために使い切りたい。
その実感が、年々上がってきてる感じがするんだよなあ。


a_____o at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月19日

2人になって

今までの自分にとって、
恋愛は「向き合う」ことだと思っていた。
自分とは違う、相手の考え方と向き合ったり、
相手がいるからこそ出てくる自分自身の感情と向き合ったり、
自分という個があって、
その個で対峙して、学びを得るという感じ。
だから、大切に思うことはそれなりにエネルギーが要るし、
それはそれで楽しいし、そういうもんだと思っていた。


でも今はただ、一人称が2人になった感じ。
思い出すとか、考えるとかではなく、
常に自分の一部として存在していて、
どちらかが嬉しいことは自然と2人にとっての嬉しいことだし、
どちらかの悩みは自然と2人にとっての悩みになる。

かっこ悪いところを見ても、未熟なところを見ても、
かっこ悪いとも未熟だとも思うことなく
ただそれをそのまま受け入れられる自信があるし、
それは相手も同じ感覚であるという安心感があって。
相手と自分、という境目が曖昧になっているというか。

こんなの、エネルギー値が上がらないわけがないじゃないか。
だって感情も経験も責任も使命も、
全部2倍なんだから。


夫婦と言われるのはまだ慣れないけど、
カップルと言われると、やっぱりそうではない感じがしてきたなあ。


a_____o at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月10日

結果を出すこと

もともと目標達成の好きな私にとって、
結果を出す、ということは得意領域だったし、好きなことだった。

マネージャーになってから、より一層
結果を出し続けることが当たり前に求められるようになり、
当然のようにそこにコミットしてきたけど、
それは、自分と会社と世の中のためとしか思えていなかったと気付いた。

やっと、チームのために、結果を出す必要があると、
最近強く思うようになった。
この大事なメンバーを守るために、
この子たちが、健やかで幸せであるために、
結果を出し続けなくちゃいけないんだと
腹の底でようやく認識した感じ。
社長のあの愛情や、結果に対する切迫感は、こういう部類のエネルギーなんだろうな。

この感覚ってなんか懐かしいなと思っていたら、
大学二年のマイルの時の感覚に近い。

考えただけで涙が出てくるほど
愛おしくて仕方ない、大好きなメンバーの笑顔が見たくて、
もっともっと一緒に幸せを味わいたくて、
だから結果を出したいと思った。
そのためだから、どんな苦しい練習も苦じゃなかった。

マネージャーになり、自分のチームを持って、
仲間に、家族のような愛情を持てるようになって、
やっと今、果てしないエネルギーが湧いてきた。

会社のためも、自分のためももちろんあるけど、
そして会社のため、はイコール世の中のために繋がっているけど、
それよりも強く、チームをもっともっと幸せにするために、
私は、チームのみんなと、結果を出さなくちゃいけない。

土台はできた。
あとは、やるだけ!


a_____o at 07:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)