マザーグースと絵本で子育て


hundreds of thousands of: 数十万の、何十万もの
shimmering:チラチラ光る
burden:〔運ばれる重い〕荷物、積み荷
contemplate:熟考する
desert:(人)を見捨てる、(人)との縁を絶つ
passers-by:=passerbyの複数形、通行人、通りがかり[すがり]の人
tremendous: 途方もなく大きい、ばかでかい、ものすごい
stagger on: よろめく、ぐらつく、ふらつく
scoff: あざ笑う、嘲る、冷笑する、小ばかにする
liar:うそつき、うそをつく人
braggart: 自慢(する人)、自慢屋(の)
deject: 落胆させる
monstrous: 奇怪な、怪物のような、恐ろしい
wit: out of one's wits 正気を失って、取り乱して
summon:呼び集める、呼び出す
bribe: に賄賂{わいろ}を贈る
confiscate:〔所持品・私有財産などが〕没収された、差し押さえられた
devour: ディバウア。ガツガツ食べる

Shirley Hughes
Red Fox
発売日:2009-03-16


dogger :【名】ドッガー
was worn: 擦り切れていた
in places: ところどころに
is fond of: ~が好き
snuggle right up against :すぐに~に寄り添う
railing : レイリング。1.手すり、ガードレール2.柵◆横木(rail)と支柱からできたもの
satchel: 学生かばん、小型かばん。大抵の場合ショルダーストラップ付で本や衣類などをいれる。
carry a satchel on one's back :ランドセルを背負う
dribbly: dribble :滴る、よだれを垂らす、ドリブルする
banisters: banister 〔階段の〕手すり
cot:〈米〉〔軽くて持ち運べる〕折り畳み式ベッド
stall:1.売店、露店、屋台
side-show:余興
hold on to ~ tightly : ~に強くしがみつく、~をしっかりつかんで離さない
swop :=swap:を交換する
hold out:〔手に何かを持って相手に~を〕差し出す、提供する
staring:じろじろ見る


子供が小学校の図書館で見つけてきた本です。以前にも書きましたが、私はつい最近までドラゴンの出てくるお話には全く興味が無かったんですね。「所詮、作り話。現実の私たちの生活にどんな役に立つのだろう。」と思っていました。あー、私って本当に分かってなかったな~。何も分かってなかった。ホント、反省します。

 で、ちょうど子供が借りてきたので、「読もう、読もう。」という感じで読みました。すっごく面白いです、これ。あっという間に1巻を読み終わり、2巻が貸し出し中だったので待っているところなんです。でも他の町立図書館にもあるかもしれませんね。また見てこよう。

 ドラゴンと言えば、西洋のドラゴンとアジアの龍って違うんですよね。西洋のドラゴンは翼を持っていて、火を噴きます。恐竜によく似ていて、怖い存在であったり、いたずらなキャラクターだったりします。それに比べて、アジアの龍は蛇に似ている、水の神様だったはず。あまり人前には出てこず、目撃したら超ラッキーな存在です。この違いは大きいですよね。

6d21b443-s (1)


「インドの昔話を読みたいな~。」と思っていままで何度か読んでみましたが、難しい印象がありました。神様のキャラクターが掴みきれないとか、本文だけでは足りなくて説明が必要だったりして...。でもこの本は説明なしでどんどん読み進められて良かったです。出てきた神様は一人だけなので、物足りない気もしましたけどね(笑)。

 難易度を把握したうえで、徐々に上げていきたいのですが、図書館が3か所か4か所あって目についたものから読んでいくと、難易度の低い順からうまく積み上げる感じで読むのは難しいのですよね~。難しいの読んだ後で、妙に簡単なのを読んだりしています。もう少し本についての知識を付けて、子供の年齢と興味に合ったものを適切に選ぶ力を付けたいな~と思う今日この頃です。

 

このページのトップヘ