October 23, 2007

今宵は十三夜

susuki4 今宵は十三夜。中秋の名月は知っていても十三夜を知る人は少ないかもしれない。十三夜は中秋の名月の月見に対して「後の月見」と呼ばれる。日本には古くから秋の月を鑑賞する「お月見」の風習があるが、昔は中秋の名月と10月の十三夜の月を両方見ないと「片見月」と言われ嫌われた。9月のお月見は元々中国から来た風習だけど、十三夜を愛でるのは日本独自のもの。満月ではなく十三夜というところが、いかにも日本人らしい。ついでのことながら、中秋の名月は「芋名月」、10月の十三夜を「豆名月」または「栗名月」という。おいしそうな名前だなぁ。

 時代小説を読んでいると、お月見など様々な風習のシーンが出てくる。他に娯楽がない時代ということもあるけど、季節の移り変わりを上手に楽しんでいた様子が窺えて、今よりもずっと心が豊かだったのだと羨ましく思ってしまう。現代人は猛烈なスピードの中で慌しく生活しているけど、だからこそ時に立ち止まって月を楽しんだり花を愛でたりしたいものだ。年中行事を実践するのは楽しいけれど結構エネルギーが要る。忙しいとつい端折ってしまいそうになるけど、これが日本人の最後の砦のような気がするから頑張って守っているのである。

 さて、昼間晴れていた空が夕方になって雲ってきた。今夜のお月見は半分諦めていたけど、夜になったら見事に晴れて、空には煌々と光る月がぽっかりと浮かんでいる。あまり明るいから光で滲んで、少し欠けた形がよく分からないくらい。ああ、きれいだ。これで今年のお月見はパーフェクト。晴れてよかったなぁ。

ポチッとお願いします。人気ブログランキングへ



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/a_basic/50739258
この記事へのコメント
さる子さん。月がきれいですね。本当に、満月じゃなくて13夜の月を愛でるというところに、日本の感性をかんじますね。

このところ、朝起きると雲っていることが多くて星をちっとも見ておりません。

ですので、今晩は買い物の帰りに月と夜空の星を楽しみました。

Posted by emi at October 23, 2007 23:48
emiさん、こんばんは

最近朝はお天気が良くないですもんね。
その代わり毎晩お月見ができるほど、夜空がキレイですね。
朝寝坊の私はいつまで経っても夜明け前の星を見ることができませんが
代わりにアレックスと一緒に夜空を楽しんでいます。
Posted by さる子 at October 24, 2007 21:23
この写真きれいなので拡大して見ました。秋空とすすき!よいですね!
子供の頃は、おだんごがすごく楽しみでした。いまじゃアルコールです。でも毎日飲む、それも月などみることもなくいやだね 明日からやめようかな〜な・る・べ・く・
Posted by ささき at October 25, 2007 00:00
あれあれ、そんなことじゃメタボ君になってしまいますよ。
着物を売るには風情がなくてはね。
Posted by さる子 at October 25, 2007 18:47
気をつけます
Posted by ささき at October 25, 2007 22:12