↑先日のまな板の答えです。
ハイビジョン“ハンディカム”で撮影した映像やデジタル一眼レフカメラ“ α ”で撮影した高解像度写真も最大1.5TBの大容量にらくらく保存し、配信できるホームサーバー。
です。要するにネットワークハードディスク。
普通の外付けHDDはUSBでPCに直接接続しますが、
このHDDはLANケーブルで接続します。

で、なにが凄いかというと、
コイツをサーバーにして、家のPCやBRAVIA(Dlna対応機種)から
動画や画像、音楽を再生できるのです。

…イマイチピンとこんな〜。
こんなんじゃセールスマンになれんな。
(絶対ならないけど。)

言ってもわからんなら描いてみよう!
図解

※僕の職種はデザイナーです。

今までPCに保存した動画や写真はネットワークで別の部屋のPC
やBRAVIAで見てました。
しかし、発信もとのPCの電源が入ってないと見れないという状態でした。
そこでこのネットワークHDD。この中に保存していれば、
いつでも見れるいうわけです。
そしてもうひとつすごいのが、図にあるインターネット。
ココにアクセスしてみてください。
パスワードはakibonzです。

見ました?これには驚きました。
HDDに保存するだけで、こうやって写真のサイトが
できるんです。しかも携帯は携帯用になります。

操作性やネットワークの設定もとても簡単です。
簡単すぎて心配になるぐらいでしたw
現在、会社のデータ(MAC)をこのHDDに保存して、
家でも作業ができるか試してるところです。
会社がWindowsなら簡単なんですが、いかんせんMAC
なんで、送受信のソフトがないんでちょっとてこずってます。
ほかにもいろんな機能があるんですが、疲れるので
得意の「詳細はHPを!」でお願いします。

USB外付けHDDもこれからはネットワークHDDが主流になる。
…かもしれませんね。
そしてこれからテレビやPCを買う方は
Dlna対応を買うのをお勧めします。なにかと重宝します。
さすが世界のSONY、発熱問題や初期不良問題とかいろいろ
叩かれますが、良いもんは良いですね。
SONY同士じゃないとうまくいかないのが
多いのがちょっと不満ですが。
まぁそれはどのメーカーも一緒ですかね。