ノンエー

41B73505-F279-40B6-BB9C-4285F811B3C1
女優の本田翼が12月19日にテレビ東京系で放送されるKAT-TUN亀梨和也主演のドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」(よる9時)でヒロインを務め、初の母親役に挑戦することが明らかになった。ショートカットのイメージが強い本田だが、めずらしくロングヘア姿も披露する。

【写真】いつものショートもかわいい!本田翼

 本作は2006年に山田孝之玉山鉄二沢尻エリカらキャストで映画化もされた東野圭吾によるベストセラー小説のドラマ化。犯罪加害者の弟となってしまった主人公・武島直貴(亀梨)が、周囲の差別や偏見に苦しみながらもやがて自分の家族を持つまでの軌跡を、劇中で交わされる兄弟の手紙を通して丁寧に描く。直貴の兄・剛志には佐藤隆太がふんする。


 直貴を精神的に支え続け、のちに妻となるヒロイン・白石由実子を演じる本田は「ドラマ出演のお話をいただく前から原作は好きで読んでいましたし、映画も見ました。犯罪者の家族というだけで迫害を受けてしまう現実を突きつけられたり、周りにそういう状況に置かれた人がいたら自分は普通に接することができるだろうかなど、人があまり考えたくない部分の問題提起をしているので、シンプルですが、とても考えさせられる作品だなという印象を持っていました」という。

 さらに「今回、初めて母親役を演じさせていただいたのですが、そこが一番の悩みどころでした」と告白する本田。「娘がケガをするシーンでは、6歳くらいの子どもの母親はどう対応するんだろう、もっと焦ったりするのかなと自分なりに考えて演じたのですが、本当に難しかったですね、想像するしかなかったので」と明かした。

 そのため、まずは子役に「お母さんと思ってもらえるよう信頼関係を築きたい」と考え、撮影現場ではできるだけ一緒に過ごすことを心掛けたというが、「私、子どもは好きなのですが、今まであまり絡む機会がなく、知り合いにも小さい子がいないので、遊んだこともほとんどなかったんです。だから実際遊ぶとなるとどうしていいか……改めて母は強いな、母に感謝! と思いました」と苦労したようだ。

 主演の亀梨については「初共演だったのですが、夫婦としてどう演じようかとか、夫婦はこんなふうに話すのかなとか想像しながら会話する中で、無邪気な部分が垣間見えたり、あと合い間で新聞を読んでいらっしゃったりしていたので、私がそれまで抱いていたイメージとは違いました」とその印象を語った。(編集部・中山雄一朗)

ノンエー